佐川急便 離島・山間部で物流ドローンの実証実験

佐川急便は11月4日、2020年度中に離島や山間部を対象にした物流ドローンの実証実験を実施する、と発表した。宅配便の集配業務を担うドライバー人材不足の解消や、トラック輸送からの代替による環境負荷軽減などの効果が期待できる物流ドローンの飛行実験を通じて、実用化に向けた課題の抽出や技術検証などを進める。

今回の実証実験は、環境省の関係団体である一般財団法人環境優良車普及機構の「過疎地域等における無人航空機を活用した物流実用化事業」の公募に採択されたもので、島根県邑智郡美郷町、香川県小豆郡土庄町、福井県丹生郡越前町といった地方自治体と共同で展開する。

イームズロボティクス社が提供する物流ドローンを佐川急便の営業所から飛ばし、中継点を経由して離島や山間部の目的地(終着点)まで荷物を運ぶ。物流ドローンは佐川急便の東京本社から操縦する仕組み(遠隔地からの目視外操縦)だ。

離島や山間部といった交通が不便なエリアでは、集配業務の担い手不足などを背景に、宅配便サービスの品質維持が将来、困難になることが予想されている。佐川急便では実験を通じてドライバーやトラックを必要としない新たな輸送手段として物流ドローンの実用可能性を探っていく方針だ。

佐川急便が実証実験で活用する物流ドローン(イメージ)

出典)SGホールディングスホームページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。