JR西日本不動産開発 兵庫県加古川市で物流施設を開発

JR西日本不動産開発は4月5日、兵庫県加古川市に物流施設を開発する、と発表した。同社はこれまで西日本旅客鉄道(JR西日本)が保有する遊休不動産などを対象に、商業施設やオフォスビル、住居の開発を進めてきたが、今後はEC市場などでの物流需要拡大を背景に、物流施設の開発にも注力していく方針だ。

同社が着工した物流施設「加古川平岡町NKビル」(仮称)は、敷地面積約1万6859平方メートル、延べ床面積約3万2274平方メートルの4階建て。マルチテナント型の物流施設で、最大で6テナントが入居できる。建物の2階部分に大型トラックが直接乗り入れできるスロープを設ける。2022年5月の竣工を予定している。

開発用地は加古川バイパスに面しており、「加古川東ランプ」から1キロメートル圏内、第2神明道路の「明石西インターチェンジ」から3キロメートル圏内に位置する。JR神戸線「東加古川駅」から約1キロメートルと徒歩圏内に立地するため、施設従業員にとって通勤の利便性が高く、雇用確保の面でも優位性を発揮できるとしている。

2022年5月にオープン予定の「加古川平岡町NKビル」

出典)JR西日本不動産開発ホームページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。