エスライングループ 「小牧物流センター」を開設

エスライングループのエスラインギフとエスライン各務原は4月3日、愛知県丹羽郡大口町に「小牧物流センター」をオープンした、と発表した。新拠点は、路線便のターミナル機能と、商品の保管、流通加工といった物流センター機能を併せ持つ複合型物流施設として運用する。

「小牧物流センター」は延べ床面積約9852平方メートルの3階建て(事務所棟は5階建て)。3階部分の加工スペースには、仕分け、梱包、封緘、ラベル貼付の工程を自動化するソーター(投入口14カ所、シュート口200カ所を確保)を導入した。ソーターは主にエスライン各務原が受託している大手量販店向け店舗別商品仕分け業務に活用する。拠点内には、同社グループとしては初となる事業所内保育所も開設した。

「小牧物流センター」のオープンに伴い、エスラインギフでは1984年から営業していた「一宮支店」を閉鎖。同センター内に新たに開設した「小牧支店」が旧・一宮支店の集配担当エリアをカバーする体制に移行している。

エスライングループの「小牧物流センター」

出典)エスライングループホームページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。