日本通運 愛知県刈谷市に自動車産業向け物流センター

日本通運は1月6日、愛知県刈谷市に「刈谷北物流センター」を開設した、と発表した。自動車産業向けに特化した新倉庫を、部品メーカーや組立工場などが集積する同エリアに立ち上げることで、一時保管やJIT(ジャストインタイム)納品といった物流需要を囲い込む。

新センターは敷地面積1万1288平方メートル、延べ床面積7979平方メートルの2階建て。全天候型のトラックバースやピッキングスペースを完備したほか、作業環境への配慮で空調設備も導入した。

同社では、2023年を最終年度とする中期経営計画で掲げる「コア事業の成長戦略」の中で、自動車産業を重点ターゲット分野の1つに位置づけている。今後も国内外で物流施設や輸配送ネットワークの整備など自動車産業向けの投資を加速していく方針だ。

 
日通がオープンした「刈谷北物流センター」

出典)日本通運ホームページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。