センコー 沖縄での事業拡大に向けて業務提携の検討をスタート

センコーは11月4日、沖縄で物流事業を展開する「あんしん」(本社・浦添市)と業務提携に向けた検討を開始することで合意した、と発表した。沖縄を地盤とするあんしんとの協業体制を構築することで、センコーでは国内各地から沖縄向け、沖縄域内での物流需要の囲い込みや新規顧客の開拓を強化する。

あんしんはシンバホールディングス傘下の物流会社で、沖縄県内ではトップ3に入る事業規模がある。センコーではもともと沖縄域内での配送業務などをあんしんに委託してきた。

センコーの主要顧客である量販・小売りチェーンによる沖縄出店などに伴い、沖縄向けや沖縄域内での物流ニーズが拡大していることを受けて、今後はあんしんとともに沖縄での物流インフラ整備などを進めていく。また、両社は物流ビジネス以外の分野としてセンコーグループが展開する商事事業やライフサポート事業(介護ビジネスやフィットネス事業など)でも協業していくことを検討する方針だ。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。