プロロジス 埼玉県草加市でマルチ型物流施設を着工

プロロジスは10月19日、埼玉県草加市でマルチテナント型物流施設を着工した、と発表した。新施設は埼玉県企業局が整備を進める食品製造・加工業向け産業団地「草加柿木フーズサイト」内に建設するもので、食品関連企業を中心に入居テナントを募る。竣工は2022年4月を予定している。

新施設「プロロジスパーク草加」は敷地面積約6万9000平方メートル、延床面積約15万2000平方メートルの4階建て。外環道の「草加インターチェンジ」から約7キロメートル、「外環三郷西インターチェンジ」から約4・9キロメートルに位置し、首都圏エリアへのアクセスがいい。JR武蔵野線「越谷レイクタウン駅」から徒歩圏内に立地するため、雇用面での優位性もある。

施設の各階にトラックが直接乗り入れできるようダブルランプウェイと中央車路を用意する。さらに最大で約1万坪のワンフロアオペレーションを可能にしたり、大規模な自動化設備を導入しやすい設計とした。また、食品加工業務に対応することを前提に、1階部分は床のかさ上げや排水経路の確保が可能な構造にする計画だ。

「草加柿木フーズサイト」は進出企業を造成工事前に募り、各企業のニーズに合わせて区画や基盤を整備する「オーダーメイド形式」で開発された。事前にエントリーするかたちで進出企業を決める試みは都道府県で初だという。「草加柿木フーズサイト」内に建設される「プロロジスパーク草加」では、すでに賃貸可能面積の約75%の入居が内定している。

2022年4月に竣工予定の「プロロジスパーク草加

出典)プロロジスホームページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。