セイノーHD フードデリバリーの出前館と業務提携

セイノーホールディングスは12月23日、フードデリバリーサービスを展開する出前館と業務提携契約を締結した、と発表した。両社の配送網を組み合わせることで、配達エリアの拡大や買い物弱者の解消などを目指す。

セイノーHDでは、社内外や業種の違いなどを問わず誰もが使える物流プラットフォーム「オープン・パブリック・プラットフォーム」(O.P.P.)を構築し、通販商品の配送や買い物代行サービスなどを提供している。一方、出前館は2021年6月に全国47都道府県でのサービス展開を完了。次フェーズとして各地域でのカバー率を高める「デリバリーの日常化」を目指している。

今後は、セイノーHD傘下のGENieが展開するクイックデリバリー網と出前館の加盟店ネットワークを組み合わせることで、配達エリアの拡大を図るほか、セイノーHDが進める共同配送やドローン物流を取り入れた新スマート物流「SkyHub」と連携し、過疎地や中山間地などでの配送網構築に取り組む。

ネットスーパーやネットコンビニのデリバリー展開を加速し、買い物弱者対策も進める。時間帯指定配達やクイックデリバリー、置き配などのサービスを組み合わせ、配達網の時間帯による繁閑差を平準化することで、配達スタッフが1日を通して安定した収入を得られるような仕組みを提供していく。

中古トラックの買取依頼なら、ぜひトラックファイブへお気軽にお問い合わせください!
まずは「トラックの値段だけでも聞いてみたい」といった問合せにも対応いたします。 トラック・バス・重機を高く売るなら査定実績60万台越えのトラックファイブへ!の画像

関連記事一覧