三菱ふそう 先進安全装置を搭載した新型キャンターを発売

三菱ふそうトラック・バスは10月19日、キャブデザインを一新し、モデルチェンジした小型トラック「キャンター」の新型モデルを11月から国内で販売する、と発表した。

現行モデルに搭載している衝突被害軽減ブレーキや、車両安定性制御装置、車線逸脱警報装置に加えて、新型モデルには、ドライバーの死角となりやすい車両左側をレーダーで監視することで、対象物を感知し、警告を出す先進安全装置「アクティブ・サイドガード・アシスト」を搭載した。ドライバーの安全運転サポートを強化する「アクティブ・サイドガード・アシスト」を搭載する小型トラックは国内初だという。

キャブデザインは「モダン&ソリッド」を基本テーマに10年ぶりに一新。18年型および19年型のふそうバスに採用した新デザインアイデンティティである「ふそうブラックベルト」を継承した。

稼働中の車両データを用いて車両を遠隔管理し、位置情報や燃費、故障の検知などを確認できる「トラックコネクト」を新たに搭載したほか、スイッチを押すだけでドアの施錠や解錠ができる「FUSOイージーアクセスシステム」を全車標準装備とした。

新型キャンターの価格(車型2RG—FBA20の場合)は、514万4400円〜(税込)に設定されている。

2020年11月に発売される新型キャンター

出典)三菱ふそうトラック・バスホームページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。