ラサール不動産 神戸市西区でマルチ型物流施設を着工

ラサール不動産投資顧問は10月16日、兵庫県神戸市西区で「ロジポート神戸西」を着工した、と発表した。新拠点は敷地面積約2万4000平方メートル、延べ床面積約5万平方メートルの4階建てで、最大3テナントが入居できるマルチテナント型物流施設。2021年11月の竣工を予定している。

「ロジポート神戸西」は、三陽自動車道「神戸西インターチェンジ」から約1キロメートルに位置する。神戸港や三宮エリアには30分で、大阪中心部には1時間でアクセスできるため、関西の主要エリアや西日本を広くカバーする物流拠点としての利用ニーズを見込む。

施設では、1階部分に高床・低床の両面トラックバースを用意するほか、2階部分にトラックが直接乗り入れできるスロープを整備。倉庫の梁下有効高は5・5メートル以上を確保するとともに、荷物用エレベーターや垂直搬送機をそれぞれ4基ずつ設置する。敷地内には、雇用対策として施設で働く従業員向けの平面駐車場(約108台分)も用意する計画だという。

出典)ラサール不動産投資顧問ホームページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。