日野自動車 次世代商用モビリティ開発でイスラエル企業と提携

日野自動車は4月27日、イスラエルに本社を置くREEオートモーディブ社(REE Automotive)と次世代商用モビリティの分野で業務提携を締結した、と発表した。両社は今後、トラックの荷台部分を用途に応じて容易に装着・脱着できるモジュール構造の次世代型商用車の実用化を目指し、動力部分となるEV(電気自動車)シャーシの共同開発などに取り組む。

REE社は自動車の主要コンポーネントを1つのシステムに統合し、シャーシとホイールの間に設置する技術「REECornerテクノロジー」を持つ。シャーシの低床化とフラット化を実現する同技術を活用することで、商用車(トラックなど)は輸送ニーズの変化に合わせて様々なタイプの荷台への載せ替えが容易になるという。例えば、宅配貨物を運んだトラックの荷台を入れ替えれば、翌日にはキッチンカーとして運用できる。

両社は2022年までに次世代商用モビリティのプロトタイプを開発。並行してビジネスモデルの検討や実証実験を進めることで、早期の実用化を目指していく方針だ。

日野自動車とREE社が共同開発うる次世代商用モビリティ(イメージ図)

出典)日野自動車ホームページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。