セイノーHD 処方薬の即時配送サービスを開始

セイノーHDは12月26日、傘下のラストワンマイル関連グループ会社を通じて、処方薬を当日中に自宅まで届けるサービスを提供する、と発表した。医薬品の宅配は高齢者の増加やコロナ禍で需要が拡大しており、セイノーHDでは2021年1月に神戸市や東京23区を対象にサービスを開始するのを皮切りに、早期の全国展開を目指す。

新サービスは「ARUU(アルー)」。薬剤師による電話等での服薬指導後、薬局から最短2時間で処方薬が届く。配達業務はセイノーグループでラストワンマイル領域の配送を担うスタッフ「ハーティスト」が担当する。

セイノーHDでは2020年6月からミライシアホールディングとともに札幌市と小樽市一部エリアで医薬品の即時配送サービスの実証実験を展開。患者と薬局から高い評価を得られたため、事業化することを決めた。

「ARUU」を活用すると、患者は薬局での待ち時間解消、人との接触リスクの回避、移動コストの削減などを実現できる。一方、薬局側は自社配送による労力や配達コストを削減できるほか、「ハーティスト」を通じた患者の見守りや「かかりつけ薬局」としての顧客囲い込みにつながるという。

セイノーHDでは、買い物弱者対策として食料品の即時配送サービスを全国で展開している。さらに、2019年には、狭域圏での複数オーダーを一括で受注し、最も効率の良い配送スタッフと配送ルートを選択することで、配達の即時化や作業生産性の向上、配達コストの削減などを目指す「スパイダーデリバリー」サービスをスタートしている。

 
セイノーHDは「ARUU」で医薬品を最短2時間で自宅に届ける

出典)セイノーホールディングスホームページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。