トラックの荷台寸法をサイズ別に徹底解説!

 

はじめに

 

物流や建設、世の中が動くために、世の中を作っていくためにトラックは不可欠な存在です。

そして、私たちの年間の収入を上回る高価なトラックです。

一たび所有すれば簡単に手放し、また購入できるようなアイテムではありません。

事業計画に則り無駄が無く目的に合った、将来に渡って事業の繁栄に貢献してくれるパートナーとなるトラックを選ばなければなりません。

 

そのためにもトラックのサイズ、最適な荷台種類と荷台寸法は慎重に検討しなければなりません。

用途によってサイズで選択する小型・中型・大型トラック、そして様々な架装によって世の中に存在するトラックの種類は非常に多く、その荷台寸法まで含めてトラックの台数を考えると無限に近いトラックが世に存在することになると思います。

 

ここではトラックの荷台の種類を再確認していただき、サイズ別のトラックの寸法・荷台寸法と積載量の解説をさせていただきます。

 

荷台による車種の種類

 

メーカー出荷時のトラックのスタイルは基本的にはシャーシのみです。

メーカーによっては自社で架装まで行うところもありますが、グループ架装会社や専業の架装会社で荷台を架装しオーナー様への納品となります。

架装によりトラックの寸法は変わってきます。

ここでは架装によって変わる車種の種類を確認したいと思います。

 

■平ボディ

一般の方でも『トラック』と聞けば想像できるオープンな形状の平ボディ、2t車から10t車まであります。

輸送業のみならず、農業・林業・水産業での小運搬から建設業での資機材運搬までモノを運ぶと言えばこの平ボディが定番のトラックです。

 

そして、用途によってアオリを選ぶこともできます。幌の有り、無しも自在です。

この用途で選ぶアオリには木製、アルミ製、スチール製と種類があり、幌もその素材によって種類があります。

用途によって変わるアオリの素材で重量が変わり、車両総重量が変わってくるために最大積載量が変わってきます。あらかじめ頭に入れておくべきポイントになると思われます。

 

低床車も各メーカーは揃えておりモノの積み込み方で低床車を選ぶことが可能です。トラックの数ある種類の中でもこの平ボディはハードな使用に耐え、様々な使用方法に利用されています。いわばこの平ボディには、多くのニーズが世の中にあるということです。

 

■アルミバン

荷台をアルミ製のボックスで架装した箱型車種のトラックです。

アルミバンはEC事業の発達でその需要が増えました。

扉一つで風雨から荷物を守り簡単に出し入れができます。

この先ECにおけるBtoC事業、これによってまだ増えるであろう小口配送品をトラブルの無いようにバンの内部に収納して安全に運びます。

 

インターネットの個人への普及によって物流は様変わりしてきました。

インターネットによる個人の直接購買によって企業間での物の流れは企業から直接消費者のもとへ流れるようになりました。

少品種多量時代から多品種少量時代の到来です。

これによって『アルミバン』の価値は今後ますます大きく上がっていくことでしょう。

 

少品種多量であれば平ボディの荷台にフォークリフトでパレットに積んだ荷を平積みをする単純な作業でしたが、多品種少量となるとそういうわけにはいきません。

小口配送のさまざまな形・大きさの荷物は積みにくさも配送中の荷崩れの心配もありますが、平ボディの荷台がアルミ製の荷室になることで運送業の最大のミッションである安全・安心とともに、無事にお客様のもとに荷を届ける作業の精度を向上することが出来ました。

 

ただし、アルミバンを構成するアルミはスチールの重量の1/3ではありますが、ボディの重量(車両総重量)は増えてしまい、最大積載量は減ってしまいますのでご注意ください。

 

■ウイングボディ

アルミバンの進化系のスタイルの箱型車種のトラックです。

バンボディの両側を開くようにしたトラックです。

フォークリフトで横から直接荷物の積卸しが出来て作業効率は向上します。

 

ウイングボディは、開いたときに鳥が翼を広げたような形状になるのでウイングボディと呼ばれています。

ウイングを格納すればアルミバンと変わらず積荷の汚れや濡れを防止し、荷崩れを起こすこともない機能的で安心な荷室です。

 

気密性が高く、積荷を風雨にさらすことが無いので引越し業や各種製品の輸送、特に精密機器の輸送に多く活用されています。

現在では、冷蔵・冷凍機器や各付属機器機能の性能の向上によってウイングボディの冷蔵・冷凍車も活躍してその用途は大きく広まっています。

 

■ダンプカー

人力や牛馬の力しか物品や資材の運送手段が無かった時代から比べ、トラックの荷台に積込むばかりか目的地で人力に頼らず可動式で大量の積荷を降ろすことが出来るダンプカーの登場は画期的なものでした。

 

戦後、日本のインフラを作りあげてきた多くの建設工事うち、土石を移動させる土木工事ではこのダンプカーが無ければ仕事は進まず、建築工事の中でもセメントと練り上げてコンクリートを作る砂を運ぶのはこのダンプカーでした。

 

今私たちの生活する町や多くの施設はこのダンプカーが無ければ存在することは無かったかも知れません。

 

■冷凍車・冷蔵車

国産冷凍車第一号は第二次世界大戦後の福岡市で難産のすえに産声を上げています。

駐日アメリカ軍基地の福岡市内の駐在員家庭にミルク・パン・アイスクリームを配達して欲しいとのアメリカ軍の要請に大手運送会社は全てさじを投げました。

 

そんな中で福岡市の福岡運輸㈱がただ1社、手を挙げました。

会社を創立した女性社長は冷凍車の将来性を見込み、アメリカ軍の中古トラック、冷凍庫を払い下げてもらい矢野特殊自動車と共に苦心して研究開発をしました。

 

こんな経緯で低温・定温輸送が可能な現在に至っています。

新しいことのスタートにはかならず誰かが血のにじむような思い、苦労をしています

そして低温・定温輸送が当たり前になった現在、女性社長のにらんだ通り、『冷凍車・冷蔵車』は国内外での需要の高さにつながりました。

そんな冷凍車・冷蔵車は各地の海産・農産物の鮮度を落とすこと無く日本全国に配送をするようになりました。

 

現在では、冷凍車は低温冷凍車・中温冷凍車と世の中のニーズに応えてその車種は細分化されています。

冷蔵車は生鮮食料品以外にも薬品や化粧品、植物・精密機械などの定温輸送にも活用されています。

非常に有能な消費者にとって重宝な車種の冷凍車・冷蔵車です。

 

架装メーカーの紹介

 

冷凍庫をトラックに積んでしまった冷凍車のように、物流の発展と時代のニーズで新しい架装が次々と生まれてきました。

 

そして、時代の流れのなかで多くの架装メーカーが時代のなかで生まれてきました。

各社が得意な架装技術を持ち、各サイズのトラックに事業主の様々な要望を取り入れて用途にマッチした寸法の完成形のトラックを送り出しています。

 

■株式会社北村製作所

1936年創業、アルミバン、アルミウイング、保冷車、冷凍車などの金属箱型の荷台の架装を行っています。

もともとは板金加工業からスタートした会社です。大型バスボディの制作を行っていた金属製架台には定評のあるメーカーです。

その技術力は地域ごとに必要となる防災備蓄倉庫や産業機械通信機器の収納局舎のような高度な精度を求められる箱物製作にも活かされています。

 

 

■日本フルハーフ株式会社

1963年、日本軽金属といすゞ自動車が折半で出資して米国フルハーフ社の技術を導入して設立しました。

現在は日本軽金属ホールディングスのグループ会社となっています。

 

『想いをハコぶその先へ』を合言葉に荷主様の想い、運送会社様の想い、ドライバー様の想い、さらにはその先の荷物を受け取る人々の想いを胸により良い未来のため、人々を笑顔にするため、世の中になくてはならない存在であり続けるため日々努力しています。

アルミバン、トレーラ、冷凍車などの製造を中心に行っています。

 

 

■日本トレクス株式会社

1964年、極東開発工業株式会社の子会社として発足しました。発足時の名称は日本トレールモービル株式会社でした。

トレーラ、タンク、ウイングボデー、バンボデー、の制作・販売を行っています。

アルミ製ドライコンテナの国産第1号を生産した会社として有名です。

 

 

■株式会社矢野特殊自動車

1916年(大正5年)創業者の矢野倖一氏が日本で4番目の国産自動車を制作したことで有名です。

1922年に矢野特殊自動車は創業され『創造への挑戦』『必要は発明の母』という創業者のパイオニア精神を引き継いで、1958年には全国に先がけて冷凍機付冷凍車を開発し、製造販売を開始しました。

各種タンクローリーや冷凍トレーラ、ウイングボディ、ウイング式冷凍車などを次々に開発・販売しています。

 

 

トラックのサイズによる寸法と荷台寸法の比較

 

トラックの寸法と積載量、そして荷台寸法

一般的に呼ばれるトラックのサイズ『小型トラック』『中型トラック』『大型トラック』は道路運送車法の保安基準とトラックメーカーの区分方法によって分けられています。

 

トラックの種類によって寸法と積載量は変わり、当然荷台寸法も変わってきます。

用途により、さまざまなトラックが存在します。

そしてこの用途にも長距離を走るために寝泊まりなどの日常生活の一部をトラック内に持ち込むロングキャビンや作業員などの乗車人数を増やすためにキャビンにシートを増やせば、全長の決められた各サイズのトラックの荷台寸法は当然短くなります。

 

そして、標準ボディから、ショートボディ、ロングボディ、ワイドロングボディなどもあります。

一般的な各サイズトラックの寸法と積載量、そして荷台寸法を確認しておきたいと思います。

 

小型トラック

(2tトラック)

中型トラック

(4tトラック)

大型トラック

(10t,20tトラック)

長さ 4.7m以内 12.0m以内 12.0m以内
1.7m以内 2.5m以内 2.5m以内
高さ 2.0m以内 3.8m以内 3.8m以内
車両総重量 5t以内 5t以上11t未満 11t以上
最大積載量 5t以内 3t以上6.5t未満 6.5t以上
荷台の長さ 2.5m~4.3m前後 4.3m~8.2m前後 5.1m~10.0m前後
荷台の幅 1.6m~2.0m前後 2.0m~2.3m前後 2.3m~2.5m前後
荷台の高さ 3.8m前後 4.0m前後 4.5m前後

 

 

この下に示す表が社団法人全国トラック協会がホームページに掲載している各サイズのトラックの荷台の寸法の目安です。

 

道路幅員は国土交通省管轄の『道路構造令』によって決まっています。

車線の幅員は、安全・円滑な自動車交通に大きな影響を与えます。

そのため、すれ違いや追い越しなどの交通実験を経て余裕幅をもって規定されており、幅員は一般国道、高速道路ともに1車線幅員が3.5メートル程度となっています。

 

建築基準法での道路幅は4.0メートル、そしてその幅員は1車線幅員ではなくて道路端から道路端の幅員となっています。

そしてその幅員の中には中央帯や植樹帯、路肩などを含めた道路を成す構造物の全体の幅を指す、と定義されています。

 

このようなルールがあるので小型トラックに限らず大型トラック、中型トラックにしてもその荷台寸法の幅はびっくりするほど大きく変わることはないのです。

 

※公益社団法人全日本トラック協会ホームページ 『トラック早わかり』(9.一般的な荷台寸法)より転載

 

車両寸法・荷台寸法をはみ出す場合

物品を運ぶトラックですが、すべての物品が車両寸法・荷台寸法内に収まるものではありません。

さまざまな形状であり、さまざまな大きさ・長さのものです。

 

このはみ出しの許容範囲が変わりました。

この令和4年5月に上記における法改正がなされました。

道路交通法施行令第22条では、自動車の積載物の大きさや積載の方法について制限する「自動車の積載の制限」について下記のように規定されています。

 

警察庁において、自動車の積載物の長さ及び幅の制限等を改めることについて、後写鏡の効用等を失わせることなく、自動車の車体からはみ出して積載可能な長さ又は幅を確認するための走行実験を実施した結果、自動車の走行安定性等が確保されること、周囲の交通に与える影響がほとんどないこと等が確認された範囲内で、積載に関する制限を緩和した改正道路交通法施行令が令和4年1月6日に公布され、同年5月13日より施行されました。

 

公益社団法人全日本トラック協会ホームページ 「自動車の積載の制限」に係る道路交通法施行令の一部改正について より転載

 

トラックの車両寸法・荷台寸法は当然のことながら用途に合わせて規定内で変わり、架装によっても変わります。

必要な用途によって詳細な車両寸法・荷台寸法はメーカーの資料を参照、問い合わせをしてください。

 

 

トラックを生産する各メーカー

 

各サイズのトラックを開発・製造している日本を代表するトラックメーカー四社です。

みなさん、よくご存じのトラックメーカーでしょうが、おさらいで確認してみてください。

 

■三菱ふそうトラック・バス株式会社

2005年(平成17年)からダイムラー社の傘下のトラックメーカー三菱ふそうトラック・バス株式会社です。

ダイムラーグループの『情熱』『尊重』『誠実』『規律』という企業理念ののなか、三菱の技術の血を受け継ぎ優秀なトラック・バスを開発・生産してきています。

 

もとは旧三菱造船所からその技術を引き継ぎ生まれた『三菱ふそう』です。

この『ふそう』いうネーミングもこの旧三菱造船所(株)神戸造船所で1932年(昭和7年)に造られたガソリンバス第1号『ふそう』から由来しています。

 

ガソリンバス第1号『ふそう』開発から1世紀に近づく間、研究の積み重ね続けられた『三菱ふそう』のエンジンは振動・騒音が少なく、長距離向きでシートの座り心地も良く、多くのドライバー好評を得ています。

 

小型トラック『キャンタ―』、中型トラック『ファイター』、大型トラック『スーパーグレート』

ドライバーの安全と快適を追求し、パワーのあるエンジンにも定評があります。

高度な予防安全システムを搭載し、さらに、『人を基本とした快適な走り』と『新次元の効率性・経済性を追求』した車種です。

運ぶことで、人をつなぐ、社会をつなぐ、そして未来をつなぐ。ロジスティクスの新しい時代を創り出すトラックメーカーです。

 

 

■日野自動車

日野自動車株式会社は1942年(昭和17年)に、その前身である「東京瓦斯(がす)電気工業株式会社」の自動車部門であった日野製造所が独立し、スタートしました。

現在はトヨタグループ傘下であり、日本のトラック・バス業界最大手のトラックメーカーです。

 

「トヨタ・ハイラックス」の開発では『日野自動車』が設計組み立てを行い、ランドクルーザープラド、トヨエースなどトヨタの自動車を製造し、関係する業界関係者のみならず一般消費者にもその技術力の高さを示しています。

 

自社が掲げる基本理念『もっとはたらくトラック・バス』『豊かで住みよい持続可能社会』に基づき隊列走行・ロードトレインによる高効率な大量輸送に向けて国内をリードし、トラックメーカー業界最大手としての大型自動車開発の技術力の高さで次世代へ向けて貢献しています。

小型トラック『デュトロ』、中型トラック『レンジャー』、大型トラック『プロフィア』の

日野自動車のトラックは性能・品質の高さに定評があり故障が少なく安定走行出来ると、日野自動車の技術力は高く評価されています。

『人、そして物の移動を支え、豊かで住みよい世界と未来に貢献する』を掲げるトラックメーカー日野自動車です。

 

■いすゞ自動車

日本で最古の自動車メーカーの「いすゞ自動車株式会社」通称『いすゞ』は、1916年(大正5年)の創業です。

国策による国内自動車製造の振興のため、当時の鉄道省の協力のもと始まった自動車開発の流れのなか、1934年(昭和9年)に商工省標準形式自動車を伊勢神宮の五十鈴川に因(ちな)んで「いすゞ」と命名し日本の世に送り出しました。

 

いすゞのホームページにある社長の言葉を見ると

『いすゞ自動車は商用車メーカーとして、小型はピックアップトラックから、大型は16リッターの大排気量エンジンを搭載したトラクタまで、幅広いラインナップの製品を世界150ヵ国以上の国々のお客様にお届けしています。また、ディーゼルエンジンを他社製車両や、産業用エンジンとしても供給するというユニークなポジションを確立しております。』とあります。

 

そして『物流・社会インフラ・エネルギーで持続的発展が可能な社会づくりに貢献します。』という単体でのトラックメーカーという枠を飛び越えてOEM供給という多様性へ対応しながらトラック業界全体の発展を視野に入れた企業としての動きを考えています。

 

いすゞのラインナップは小型トラックの『エルフ』、4tトラックの『フォワード』、そして、大型トラックの『ギガ』などです。

品質・信頼性の高い、長い実績を積み重ねてきたディーゼルエンジンを搭載し、音や環境に配慮しながらパワフルで安定した性能を発揮できるトラックです。

 

2020年にはUDトラックスを傘下に納め、トラックメーカーの雄として業界を牽引する一社です。

『道を拓き、街を創り、人が暮らす』という『いすゞ』の言葉。

そして、その発展に必要不可欠なのは『運ぶ』力であり、商用車とディーゼルエンジンのプロフェッショナルとして最先端の『運ぶ』力で支える、といすゞは続けています。

いすゞのトラックはトラックの事故実態を分析しての最適な装備を搭載しています。

そして、経済性と効率にこだわった燃費を実現するためにいすゞの粋を集めています。

そのイメージソング通り『いつまでもどこまでも♪』ドライバーに優しいいすゞです。

 

■UDトラックス株式会社

 

もともとは日産の関連企業日産デイゼル工業はその前身の民生デイゼル工業時代にGMとライセンス契約を結んで日本で唯一の単流掃気方式2サイクルディーゼルエンジン(Uniflow Scavenging Diesel Engine)を日本の市場に出しました。

UDエンジンと呼ばれたその頭文字が社名の『UDトラックス』の成り立ちに由来します。

 

しかし生産終了した今は”Ultimate Dependability”(究極の信頼)に由来するとしています。

その究極の信頼は一旦はボルボの傘下になった後でも生き続け、終わりなき究極の信頼を目指しました。

そしてなお、大型トラックを専門に開発している『UDトラックス』は2020年(令和2年)、『いすゞ』に買収されました。

CASE時代到来に本格的に取り組むための各社の模索、『トラック戦国時代』に巻き込まれた形で『UDトラックス』は翻弄されています。

 

しかしながら、これで日本のトラックメーカーは大きく、いすゞ・UDトラックス連合、トヨタ自動車傘下の日野自動車、独ダイムラー傘下の三菱ふそうトラック・バスの3陣営に集約されることになりました。

 

小型トラックは『カゼット』、中型トラックは『コンドル』、大型トラックは『クオン』です。

エンジンとクラッチが強力であることが日産ディーゼル時代からよく知られています。

 

『ビジネスニーズに応える幅広い車種を取りそろえ、トラックに求められる燃費性能、安全性能、運転性能を確かなものにし、UDトラックスならではの万全のサポート体制が、より効率的な物流を実現』させることを目標に掲げてUDトラックスは世にトラックを送り出しています。

 

 

おわりに

 

冒頭でも書かせていただきましたが、トラックは物流のために、日々私たちが不自由なく生活するために無くてはならない存在です。

時代とともに運送事業者に対して世の中の要求は高まっています。

しかしながらその高まりに比例して運送事業者の報酬が増えているかと言えばそうではありません。

現在の世界情勢に合わせて燃料費は上がり、トラック自体の価格も高騰してくる可能性も十分あります。

運送事業の経営者として最大限に不要は省略して最小限の労力で最大限の収益を得ることの出来るように用意しなければなりません。

そのためにはトラックの寸法や荷台の寸法まで詳細に吟味する必要があるのかも知れません。

『備えあれば患いなし』です。

詳細の知識まで頭に入れる必要は無いでしょうが、いざという時にその知識がどこにあるかをいつも知っておくことが大切だと思います。

そんな時には是非、この『豆知識』にお立ち寄りください。

中古トラックの買取依頼なら、ぜひトラックファイブへお気軽にお問い合わせください!
まずは「トラックの値段だけでも聞いてみたい」といった問合せにも対応いたします。 トラック・バス・重機を高く売るなら査定実績60万台越えのトラックファイブへ!の画像

関連記事一覧