大和物流 大阪府東大阪市に同社最大の物流センター

大和物流は8月20日、大阪府東大阪市で物流施設を着工した、と発表した。同社にとって最大規模となる新施設は、近畿エリアでの保管・輸配送拠点として、メーカーや流通業者などの物流ニーズを見込む。

新拠点「東大阪宝町物流センター」(仮称)は、敷地面積約1万9688平方メートル、延べ床面積約2万7929平方メートルの3階建て。2022年9月末の竣工を予定している。

阪神高速13号東大阪線「水走インターチェンジ」から約1キロメートルに位置し、大阪市中心部まで約30分でアクセスが可能なほか、大阪外環状線(国道170号線)に隣接しているため、大阪市近郊の主要都市もカバーできる。また、近鉄けいはんな線「新石切駅」から約750メートルと徒歩圏内にあり、周辺には住宅地も多いことから、雇用確保の面でも優位性を発揮できるとしている。

プラットフォームを低床式にするほか、建材や機械といった重量物の取り扱いを想定して1平方メートル当たり2トンの床荷重を確保。約20台の大型トラックが同時に接車でき、搬送設備を6基活用することで効率的な搬送作業を実現する。

2022年9月末に竣工予定の「東大阪宝町物流センター」(仮称)

出典)大和物流ホームページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。