日本GLP 広島市でマルチ型物流施設を開発

日本GLPは8月2日、広島県広島市でマルチテナント型物流施設を開発する、と発表した。建設予定地は広島エリアの工業集積地帯にあり、製造業や3PL企業の物流拠点ニーズが旺盛なことを受けて開発に踏み切る。2022年1月に着工し、23年1月の竣工を予定している。

新施設「GLP広島Ⅱ」は敷地面積約2万3000平方メートル、延べ床面積約5万平方メートルの5階建て。山陽自動車道「宮島スマートインターチェンジ」から約16キロメートル、広島高速3号線「吉島インターチェンジ」から約2キロメートル、広島港から約4キロメートルに位置し、広島県内だけでなく、西日本広域をカバーできる立地優位性があるという。

最大4テナントが入居可能。マテハン機器の導入など庫内オペレーションの自動化に対応できる設備を用意するほか、外壁や屋根部分に強風対策や塩害対策を施す。従業員不在時でも荷物を格納できる「置き配バース」を導入し、トラック待機問題の解消につなげる。

「GLP広島Ⅱ」は、同社で初めてナッジ(行動科学の知見の活用で「人々が自分自身にとって、より良い選択を自発的にとれるように手助けする政策手法」)の考え方を取り入れた施設で、従業員の健康に配慮しながら生産性を高める就業環境の整備を計画している。

マルチテナント型物流施設の「GLP広島Ⅱ」

出典)日本GLPホームページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。