JR西日本不動産開発 千葉県市川市に冷凍・冷蔵の物流施設

JR西日本不動産開発は8月5日、千葉県市川市で冷凍・冷蔵用の物流施設を開発する、と発表した。冷凍食品の消費増や、既存施設の老朽化に伴う建て替え需要拡大などに対応するもので、霞ヶ関キャピタルとの共同プロジェクトとして開発に踏み切る。2022年秋の竣工を予定している。

新施設「LOGI FLAG COLD市川Ⅰ」は、敷地面積約4297平方メートル、延べ床面積約8743平方メートルの4階建て。東京外環自動車道や東関東自動車道へのアクセスが容易で、首都圏への短時間配送に優位性を発揮できる場所に立地する。

冷凍・冷蔵機能を持つ物流施設では、政府のフロン規制強化に伴い、冷却設備の更新・代替などが求められている。ユーザー(テナント)は規制条件を満たした施設への転居などを進めており、同社では新築物件に対するニーズが拡大すると判断した。新拠点ではフロン規制に対応した自然冷媒を活用する計画だという。

2022年秋竣工予定の「LOGI FLAG COLD市川Ⅰ」

出典)JR西日本不動産開発ホームページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。