センコー 印西市にスポーツアパレル向け物流拠点を開設

センコーは11月10日、千葉県印西市に物流センターを開設した、と発表した。物流不動産開発会社のグッドマンジャパンが保有する施設「グッドマンビジネスパーク印西ステージ5」内にオープンするもので、主にスポーツアパレル製品の入出荷業務などを展開する。

新拠点は「印西第2ロジスティクスセンター」。グッドマンの5階建て施設の5階部分を賃借で利用する(センコーの賃借面積は2万4762平方メートル)。同施設は、東関東自動車道「千葉北インターチェンジ」から約16キロメートル、常磐自動車道「柏インターチェンジ」から約21キロメートルに位置し、航空貨物の輸出入拠点となる成田空港にも短時間でアクセスできる場所に立地する。

印西市とその周辺エリアは人口増加が続いているため、物流センターの作業スタッフなどの人材を確保するうえで優位性があるほか、地盤が強固で地震災害の影響を受けにくいとされている。センコーではBCP対策の一環として同エリアへの進出を決めた。

新センターは2019年に稼働した「印西ロジスティクスセンター」に隣接する。2つのセンターは今後、スポーツアパレル向けの物流プラットフォームとして、入出荷や流通加工、輸配送などの機能を提供していく計画だ。

センコーが新センターを開設した「グッドマンビジネスパーク印西ステージ5

出典)センコーグループホールディングスホームページ

中古トラックの買取依頼なら、ぜひトラックファイブへお気軽にお問い合わせください!
まずは「トラックの値段だけでも聞いてみたい」といった問合せにも対応いたします。 トラック・バス・重機を高く売るなら査定実績60万台越えのトラックファイブへ!の画像

関連記事一覧