物流系パート・アルバイト平均時給 1月は前年比0・5%減

人材派遣会社のリクルートジョブズは2月10日、2021年1月の「アルバイト・パート募集時平均時給調査」の結果を発表した。それによると、三大都市圏の「製造・物流・清掃系」全体の1月平均時給は、前年同月比5円減少の1078円(前年同月比0・5%減)で、前年同月増減率は2020年11月以来3カ月連続でマイナスでの推移が続いている。

1月は「製造・物流・清掃系」のうち、「物流作業」が同9円減少の1082円(同0・8%減)、「フォークリフト等オペレーターなどの構内作業」が同97円減少の1242円(同7・2%減)、「ドライバー・配送・デリバリー」が同18円減少の1090円(同1・6%減)、「ドライバー中型・大型・バス・タクシー」が同13円減少の1201円(同1・1%減)だった。

地域別では、首都圏の「構内作業」同133円減の1266円(同9・6%減)、東海圏の「ドライバー中型・大型・バス・タクシー」同30円減の1096円(同2・7%減)、関西圏の「構内作業」同49円減の1247円(同3・8%減)や「ドライバー中型・大型・バス・タクシー」同65円減の1147円(同5・4%減)などの落ち込み幅が大きかった。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。