鴻池運輸 燃料電池医療車の実証実験に医療機器を提供

鴻池運輸は3月31日、トヨタ自動車と熊本赤十字病院が実施する「燃料電池医療車の利活用実証実験」に協力する、と発表した。水素を使って発電する燃料電池医療車(FC医療車)の実証実験は世界初の試みで、鴻池運輸はFC医療車に搭載する3種類の医療機器計4台を寄贈する。

実証実験は、燃料電池自動車をベースにカスタマイズしたFC医療車を、平時の医療活動だけでなく災害時や訓練などでも医療車・電源車として利活用する試み。社会における燃料電池自動車の有効性を確認するとともに、カーボンニュートラルの実現を目指すなど、新たな価値を見出すとしている。

鴻池運輸は2020年2月、同病院が主体となって実施した「ドローンを用いた高品質医療物流サービスの実現に向けた実証実験」に参画。今回の実証実験についても継続的に参加するとしている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。