ヤマト運輸 2次元コード伝票の導入で個人情報漏えいを防止

ヤマト運輸は5月31日、配達伝票に記載する届け先の個人情報を2次元コード(QRコード)化する、と発表した。伝票上に住所や名前などを残さないようにすることで、個人情報が外部に漏えいするのを防ぐ。EC事業者向け戦略商品「EAZY」を利用するECファッションサイト「ZOZOTOWN」の商品を対象にした新サービスで、6月から関東1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)でスタート。8月には対象エリアを全国に拡大する計画だ。

「EAZY」では、対面での受け取りのほか、玄関ドア前や宅配ボックス、車庫や自転車のかごなどの「置き配」場所をユーザーが選択できる。このうち、「置き配」については、荷物に貼付されている配達伝票上の個人情報が一時的もしくは長時間にわたって外部に晒された状態になることを不安視する声が寄せられていた。

新サービスでは、「置き配」が指定された場合、荷物の配達員(EAZY CREWなど)は住所や名前が記載された「配達票」を配達時に回収する。ユーザーが受け取る荷物の「貼付票」には、2次元コードのみが記載されるため、第三者は目視で個人情報を判別できなくなる。また、荷物の受け取り後には、個人情報の印字がないため、段ボールなどの梱包資材を、「配達票」を剥がすことなく廃棄できるようになり、ユーザーの手間も省けるとしている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。