大和物流 愛知県一宮市に重量物向け物流施設

大和物流は6月1日、愛知県一宮市で物流施設を着工した、と発表した。同社にとって同県内11カ所目となる新施設は、底堅く推移している中部エリアでの倉庫需要を囲い込むのが狙い。重量物に対応できる構造にすることで、建材や機械などの物流ニーズに対応する。

新拠点「一宮丹陽町物流センター」(仮称)は、敷地面積約1万1272平方メートル、延べ床面積約1万7438平方メートルの3階建て。2022年5月末の竣工を予定している。

プラットフォームを低床式にするほか、重量物の保管や荷役を想定して1平方メートル当たり2トンの床荷重を確保する。トラックバース直結の貨物用エレベーターと垂直搬送機をそれぞれ2基設置することを計画している。

名古屋高速16号一宮線「西春インターチェンジ」に約1・5キロメートル、名神高速道路「一宮インターチェンジ」に約2・4キロメートルでアクセスできる。中部エリアに拠点を置くメーカーや流通業向けの物流センターとしてのニーズを見込んでいる。

2022年5月末竣工予定の大和物流「一宮丹陽町物流センター」(仮称)

出典)大和物流ホームページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。