楽天 市川市に「楽天ブックス」向け物流センターを新設

楽天は10月28日、千葉県市川市にオンライン書店「楽天ブックス」向け物流センターを開設した、と発表した。同社ではすでに市川市内に「楽天ブックス」向け物流センターを2カ所設置しているが、2021年までに既存施設の機能を段階的に新拠点に集約していく計画だ。

新物流センターは、伊藤忠商事が開発したマルチテナント型物流施設「アイミッションズパーク市川塩浜」の一部スペース(約6800坪=約2万2000平方メートル)を賃借するかたちで設置した。「アイミッションズパーク市川塩浜」は敷地面積2万7404平方メートル、延べ床面積5万9111平方メートルの4階建て。首都高速湾岸線「千鳥町インターチェンジ」から0・2キロメートルに位置するなど幹線道路へのアクセスがいい。

楽天では新拠点に入出荷など庫内オペレーション業務を自動化できるシステムを導入した。それによって作業スタッフの業務工程は従来に比べ約30%削減できる見通しだ。さらに、既存施設の集約化を通じて、従来に比べ製品在庫の保管量を約1・5倍に、1時間当たりの出荷件数を約1・3倍に高める。物流センターの処理能力を引き上げることで、締め切り時間までに注文すると商品が翌日に届く「あす楽」サービスの対象商品を拡大するなど、買い物ユーザーの利便性向上を実現する。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。