ヤマト運輸 「Go Toトラベル」クーポンで宅急便利用が可能に

ヤマト運輸は10月23日、政府の「Go Toトラベル」事業で発行される「地域共通クーポン」の取扱店に全国約3400カ所の「宅急便センター」を登録した、と発表した。旅行時の手荷物や土産物を「宅急便」で配送する際に、クーポンで利用料金を支払えるようにすることで、ユーザーの利便性を高める。

同日(10月23日)から利用受付をスタートし、終了は未定。利用できるのは紙クーポンのみとし、電子クーポンには対応しない。サービス対象は宅急便(元払い)、クール宅急便、往復宅急便、ゴルフ宅急便、スキー宅急便などとなっている。

「地域共通クーポン」の発行は、新型コロナ感染拡大の影響で大打撃を受けた観光業の救済策の1つとして、政府主導で進められてきた事業。観光地での消費を促すことを目的としている。ヤマトでは、クーポンでの宅配便利用を可能にすることで、ユーザーの利便性向上だけでなく、地域経済の好循環創出などにも貢献していきたいとしている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。