SBSリコーロジ 神奈川県厚木市に物流センターを新設

SBSリコーロジティクスは10月29日、神奈川県厚木市に大型物流施設を新設する、と発表した。大和ハウス工業が建設する施設を全棟借りして自社運営するもので、2022年5月の竣工、稼働を予定している。

新施設「物流センター厚木森の里(仮称)」は、敷地面積3万1997平方メートル、延床面積(使用スペース)約5万7000平方メートルの6階建て(2階、4階部分は事務所スペースのみ)。東名高速道路「厚木インターチェンジ」から7・5キロメートルに位置する。近隣エリアでは新たな道路やインターチェンジの建設が計画されており、首都圏へのアクセス向上が見込まれるため、主に東日本エリアをカバーする物流拠点としての利用を想定している。

施設は耐震構造にするほか、10トン車50台が接車できる両面バース(高床および低床)を確保。貨物用エレベーター4基、垂直搬送機3基を導入する。化粧品や医療部外品、特定医療機器などを対象にした庫内オペレーションや、配送機能までを含めた3PLにも対応する計画だという。

2022年5月竣工予定の「物流センター厚木森の里(仮称)」

出典)SBSリコーロジスティクスホームページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。