トラックのエンジンオイルはこまめにチェック!エンジンオイルの交換時期とは

トラックのエンジンオイルとは

 

・エンジンオイルとは

皆さんご存じのエンジンオイル、このエンジンオイルには様々な働きがありますが、一番の働きは潤滑作用です。

人間の身体に例えるならば心臓であるトラックのディーゼルエンジンは金属で出来上がっており、燃料がエンジンの中で爆発してピストンが動いて動力に変えています。

そのピストンもピストンが動くシリンダーもエンジン本体も金属です。

 

金属同士が動き、こすれ合えば金属は摩擦します。

エンジンオイルはこの摩擦を軽減し各部品が動きやすいように潤滑作用を果たしています。

 

エンジンオイルはエンジンを正常に作動させるための潤滑油なのです。

 

 

・トラックのエンジンオイルの役割

潤滑作用の他、いくつかあるエンジンオイルの役割です。

 

潤滑作用

エンジン内のクランクシャフト・カムシャフトが起こすピストン運動は高速であり金属同士の部品が擦れ合って摩擦が生じないように部品のまわりにエンジンオイルの被膜を作って潤滑作用を生むのです。

 

洗浄作用

燃料の爆発により絶えず動くピストン自体もエンジン内部もその摩擦によって金属粉が生じてしまいます。

その金属粉を洗い流すのがエンジンオイルの洗浄作用なのです。

 

冷却作用

エンジン内部の熱をオイルが吸収します。

そして、熱をオイルパンと呼ばれる部分で放熱する冷却作用を持っています。

エンジンオイルが劣化してしまい、金属粉、すすなど不純物が多くたまり出すと、エンジンオイルの持つ本来の放熱性能が失われてしまいます。

十分な冷却が出来なくなってしまう事によってエンジンのオーバーヒートの原因になってしまいます。

 

気密作用

ピストンとシリンダーの間にはどうしても隙間が出来ます。

その隙間にオイルが入ることによって、気密性が上りエンジンの出力が向上します。

トラックのオイル交換を怠ると、シリンダーの摩耗が激しくなり、気密性が下がってしまいます。

燃焼ガスがピストンとシリンダーの隙間から逃げてしまい、エンジンの出力が低下しまうのです。

 

防さび作用

エンジンオイルが金属製の各部品に被膜を作るということは金属を空気と接することを遮断します。

これによって酸化が防がれて防さび作用となります。

 

 

エンジンオイルを交換しないとどうなる?

エンジンオイルを交換しないで放置するとどうなるかは、ご覧いただいた前項のエンジンオイルの役割が果たせなくなると考えていただければ理解しやすいと思います。

 

潤滑作用が衰えエンジンに負荷を与えてしまい、洗浄作用が減少し金属粉はエンジン内部を傷つけ、冷却作用が無くなってしまいオーバーヒートを起こし、気密性が落ちてエンジンの出力が落ちてしまいます。

そして防さび作用が働かなくなりエンジン内部は劣化してしまいます。

 

もちろん、燃費は悪くなり、最悪の場合はエンジンが焼け付いて発火の原因にもなります。

 

定期的なエンジンオイルの交換はエンジンの本来保持する能力を落とさず、健康状態を保つばかりか、将来的に売却する際のトラックの価値を高めることにつながります。

 

エンジンオイルの交換時期

 

エンジンオイルの交換時期の目安

走行距離数と時間によってエンジンオイルの交換時期を考えます。

トラックのサイズによってエンジンの大きさは違い、当然エンジンオイルの量も変わってきてエンジンオイルの寿命は変わってきます。

 

※各サイズトラック交換時期の走行距離数の目安とエンジンオイル量の目安です。

小型トラック 中型トラック 大型トラック
走行距離数 10,000㎞~20,000㎞ 15,000㎞~40,000㎞ 20,000㎞~40,000㎞
エンジンオイル量 8L~10L 12L~15L 28L~38L

 

エンジンオイルはトラックを動かさなくとも時間とともに酸化し、劣化していきます。

一年に一度はオイル交換をして下さい。

 

一年一度の車検は当然交換をおこないますので、この車検を中心にして走行距離数や走り方を考えあわせてエンジンオイル交換の予定を立ててください。

 

 

トラックのエンジンオイルの交換にかかる費用

ここではトラックのエンジンオイルの交換にかかる一般的な費用をご紹介させていただきます。

 

エンジンオイル交換に当たる作業員の工賃とエンジンオイルそのものの料金で費用は構成されます。

 

まずはエンジンオイルの交換にかかる工賃です。

各業者は営業上の戦略もありこの工賃は高い安いはさまざまです。

ですので、あくまでも目安としてご参照ください。

小型トラック 中型トラック 大型トラック
工賃 1,500円前後 2,500円前後 4,000円前後
オイル単価  500円/L 500円/L  500円/L
オイル量  10L 15L  38L
合計 1,500円+(500円×10L=6,500 2,500円+(500×15L=10,000 4,000円+(500×38L=23,000

 

オイル代金まで含めた一回のオイル交換にはかかる費用の目安は以上のようになります。

 

エンジンオイルの交換はどこでできる?

 

自家用車同様、エンジンオイルの交換はその気になれば自分で出来ないこともありません。

しかし、その手間や交換後の古いエンジンオイルの処分に手間取り、困ってしまいます。

 

作業設備の整っている大きな事業所以外では外注で交換することが一般的です。

 

・ディーラー

このトラックのディーラーでの交換が一般的な方法かもしれません。

顧客であることからトラックを大切に扱ってくれ、純正のオイルを置いているのでエンジンオイルの選択をする必要もありません。

 

オイルを一定量でキープしてくれる場合もあり、複数回に渡って使い一回当たりのコストは下がります。

 

ただし、予約が必要な場合がほとんどです。

今行ってすぐ交換してもらうことが出来ないのが難点になるかも知れません。

 

・カー用品店

手軽さ・便利さは一番かも知れません。

曜日は関係なく、日曜・祝日でも営業していることや、遅い時間でも営業している店舗もあることはありがたいです。

オイルの種類が多く、用途や品質を確認しつつ価格を確かめてオイルを求めて交換してもらうことが出来ます。

 

そのカー用品店の会員になれば工賃の無料などの特典が付与されることもあります。

 

・ガソリンスタンド

日本全国どこにでもあるガソリンスタンドの利用はその手軽さが一番です。

給油のついでにでも行うことが可能でしょう。

 

ただ、近年はセルフサービスの給油スタンドが増えて、整備工場や整備士を置いてない場合もあります。

必ずオイル交換の行えるガソリンスタンドを見つけておくことが必要になります。

 

・業者

事業所まで来てオイル交換を行ってくれる専門業者です。

この場合、事業所のトラックをまとめてオイル交換を行うのでわざわざトラックを移動させる必要が無いことが大きな利点です。

 

計画的なオイル交換が出来るように日々の管理を行うことがコスト削減につながる例とも言えます。

 

まとめ

 

エンジンオイルはトラックの健康維持に最も重要なアイテムだと言っても言い過ぎではないと思います。

計画的なオイル交換の実施はトラックの健康寿命を延し、燃費を良くします。

計画的な交換はコスト削減に役立つばかりか、ドライバーの運転を楽にし、排ガスによる環境汚染防止にも役立ちます。

そして、いざトラックを手放そうとした際に高額査定を受ける事にもつながります。

会社の健全経営にも役立つこのエンジンオイルに再度注目してみてはいかがでしょうか。

トラックファイブは『豆知識』でお役立ち情報を皆さまにお伝えし、日々の経営のプラスにしていただければ幸いと考えています。

中古トラックの買取依頼なら、ぜひトラックファイブへお気軽にお問い合わせください!
まずは「トラックの値段だけでも聞いてみたい」といった問合せにも対応いたします。 トラック・バス・重機を高く売るなら査定実績60万台越えのトラックファイブへ!の画像

関連記事一覧