日本通運 2022年1月に発足する持株会社の社名を決定

日本通運は4月28日、2022年1月に発足する持株会社の社名を「NIPPON EXPRESS ホールディングス」に決定した、と発表した。6月29日に開く定時株主総会で正式に承認される見通し。同社では純粋持株会社体制への移行を通じて、グループ経営や、海外事業の拡大に向けたグローバルガバナンス体制の強化などを目指す。

日本通運では、長期経営ビジョンである「グローバル市場で存在感を持つロジスティクスカンパニー」の実現に向けて、グループ本社機能の再構築を検討してきた。2021年1月には、その具体策の1つとして「単独株式移転による純粋持株会社体制」に移行することを表明していた。

2022年1月以降の新体制では、持株会社の傘下に、日本国内での事業や国内の地域事業会社などを統括する「日本通運」、機能別のサービス提供会社、海外現地法人などを管理する海外地域統括会社を配置する計画だ。

株式移転(日本通運1:持株会社1)によって日本通運は持株会社の完全子会社になるため、同社の株式は上場廃止となるが、既存株主に新たに交付される持株会社の株式は、東証一部に新規上場する予定となっている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。