日本GLP 滋賀県野洲市に生活雑貨商社専用の物流施設を開設

日本GLPは4月6日、滋賀県野洲市に物流施設をオープンした、と発表した。新拠点は、家庭用品や生活雑貨などを扱う専門商社であるクラスアップ向けの専用施設として開発したもので、同社は今後、EC向け商品の出荷や店舗向け配送などの機能を担う物流センターとして活用していく方針だ。

「GLP野洲」は敷地面積約9917平方メートル、延べ床面積約2万350平方メートルの4階建て。名神高速道路の「栗東インターチェンジ」から約8キロメートル、「竜王インターチェンジ」から約7・6キロメートルに位置しており、京滋エリアや名阪エリアへのアクセスが容易だという。

施設を一棟借りするクラスアップは、これまで利用してきた複数の物流施設を「GLP野洲」に集約するとともに、需要拡大が続くECへの物流対応力を強化する。ピース単位での出荷などを迅速に処理するため、今後は同施設内にマテハン機器など自動化設備を導入することも視野に入れている。

クラスアップ専用の物流施設としてオープンした「GLP野洲」

出典)日本GLPホームページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。