ESR 千葉県野田市に物流施設を開発

ESRは3月19日、千葉県野田市で物流施設を開発する、と発表した。物流拠点の進出ニーズが高い国道16号線沿いに建設する新施設は、2022年6月に着工し、2023年6月末の完成を予定している。

同社にとって野田市で2物件目となる「ESR野田ディストリビューションセンター(DC)2」は、敷地面積2万1555平方メートル、延べ床面積4万5581平方メートルの4階建て。複数企業が入居できるマルチテナント型物流施設で、総投資額は約100億円を計画する。

国道4号線に約7キロメートルでアクセスできるほか、常磐自動車道「柏インターチェンジ」から約10キロメートル、東北自動車道「岩槻インターチェンジ」から約20キロメートルに位置しており、首都圏や東日本全域をカバーする物流拠点に適するとしている。

建物1階部分の両面にはトラックバースを確保。車路を一部ピロティー構造にすることで、雨天時でも影響を受けない荷役作業を実現する。最小賃貸区画は約2300坪で、最大4テナントに分割することが可能だという。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。