トヨタ&日野 ヤマト、西濃と燃料電池大型トラックの走行実験

トヨタ自動車と日野自動車は10月13日、ヤマト運輸や西濃運輸などとともに燃料電池(FC)大型トラックの走行実験を展開することで合意した、と発表した。同プロジェクトでは2022年春をめどに走行実験をスタートし、その後の技術検証などを経て、環境負荷を出さない水素を燃料とする大型トラックの早期実用化を目指す。

大型トラックのCO2排出量は国内商用車全体の約7割を占めている。排出量削減には環境負荷のない燃料電池の活用が有効だが、主に幹線輸送を担う大型トラックには十分な運行距離や積載量、短時間での燃料供給が求められるため、これまでの技術では実現が困難とされてきた。

走行実験にはトヨタと日野が共同開発した車両(「日野プロフィア」がベース、車両総重量25トン)を用いる。ヤマトでは羽田クロノゲート〜群馬ベース間で、西濃では東京支店〜相模原支店〜小田原支店間で燃料電池大型トラックを運行する。アサヒグループホールディングスではアサヒビール茨城工場〜同平和島配送センター〜相模原センター間などでのビールや飲料の輸送に、トヨタでは愛知県内の各工場〜飛島物流センター(名古屋港)間での部品輸送に燃料電池大型トラックを投入する計画だという。

今回の走行実験では航続距離の目標を約600キロメートルに設定している

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。