トラックのノッキングが気になる!原因や改善方法はある?

トラックに限らずエンジンが引き起こすノッキングは気になるものです。

ドライバーが日常点検を行っていてもノッキングの原因となるエンジン内の異常に気付くのはなかなか難しいことです。

ノッキング音を耳にしてからエンジン内の異常に気付くことになってしまいます。

ノッキングの原因はさまざまです。

その原因を知ることは大切です。

エンジンに負担をかけてしまうノッキングですから、大きな故障やそれに起因する事故につながってしまうこともあります。

そうしないためにも原因を知り、その場で適切な対処をする事も必要です。

そして、早急に専門である整備士に相談することをお勧めします。

気になるトラックのノッキングの原因や改善方法を知ることはトラックの事故や故障を減らすばかりか、トラックの寿命を長くすることにもつながります。

今回の『豆知識』では皆さんにこのトラックのノッキングを周知していただき、今後のお役に立てていただきたいと思います。

 

ノッキングとは

 

・ノッキングとは?

トラックのノッキングは、別名エンジンノックとも言われる異常音の一種を言います。

エンジン内部で異常が発生し、正常に動作していないときに起こる現象で、重大なトラブルの前兆とされています。

エンジン内で燃焼が不完全に起こりノッキング音を発生させます。

これは燃料と空気の混合比が正しくない場合や、点火タイミングが調整されていない場合に起こります。

ノッキングが発生するとエンジンの性能が低下し燃費は悪化してしまう場合があります。

そして、エンジン内部の部品にダメージを与え負担がかかりエンジンの寿命を縮めてしまうこともあります。

 

・ノッキングがトラックに与える影響

ノッキングはトラックのエンジンに本来とは違う動きをさせてしまう現象でありノッキングが続くとエンジンの部品や構造にダメージを与えることがあります。

ピストンやクランクシャフトなどの部品が変形したり損傷したりする可能性があります。

また、ノッキングが激しくなるとエンジンが停止してしまうこともあります。

さらにトラックの場合エンジンが停止すると制動装置やハンドルなどの操作が困難になります。

それによって交通事故などの大きなトラブルの原因となることもあります。

トラックのノッキングはドライバーや周囲の人々の安全に直結する非常に危険な現象であるということが出来ます。

 

・放置する危険性

ノッキングを放置するとエンジンそのものにもダメージを負わせるばかりではなくそのダメージによって高額な修理費用が発生してしまう可能性があります。

そして、燃費が悪化することもあり当然燃料消費量が増えてしまい、燃料費が高くなるだけでなく環境への負荷も大きくなり社会的な問題ともなります。

トラックのノッキングは、エンジンの部品や構造にダメージを与えるだけでなく、交通事故や燃費の悪化など、様々な問題を引き起こす危険な現象なのです。

そのため、トラックの定期的な点検やメンテナンスが重要でありノッキングが発生した場合には放置することなく速やかに対処する必要があります。

 

・ノッキングの種類

 

<カーノック>

カーノックは、主にMT(マニュアル)車の運転中のギアの操作ミスによって起こるノッキングの現象です。

車体がガタガタと揺れる症状です。

AT(オートマチック)車でも起きることがあり、その場合はエンジン回りの部品の破損や劣化が疑われるので速やかな対処を行う必要があります。

 

<デトネーション>

デトネーションはガソリン車のエンジンで起きるノッキングです。

エンジンシリンダー内の燃料を通常発火させるスパークプラグとは別に何らかの原因で発火してしまう現象です。

この不規則な発火、燃料の燃焼は通常の燃焼とは違う不規則動きをピストンやシリンダーに与えることになり異音であるノッキングを発生させます。

 

<プレイグニッション>

プレイグニッションもガソリン車のエンジンで起きるノッキングです。

スパークプラグの点火タイミングよりも早く自然発火してしまう現象です。

そしてその後にプラグによる燃焼が続くために複数回の燃焼衝撃によってノッキングが発生します。

 

<ディーゼルノック>

ディーゼルエンジン特有のノッキングです。

自然着火というディーゼルエンジンの着火システムのトラブルで噴射された燃料すべてが燃え尽きる前に次の噴射による爆発が起きてしまう現象です。

ディーゼルエンジンはその事を前提としているシステムのエンジンですがこの不完全燃焼はエンジンに悪影響を与えるノッキングをひき起こします。

 

「金額だけ知りたい」という方もお気軽にトラックファイブにご連絡
トラック買取の無料査定はこちら
  • 豊富な実績

    買取12,000台/年

  • 最短即日から!

    高価買取

  • 日本全国無料!

    出張査定


ノッキングの原因

 

・共通する原因は6種類

 

<エンジンの温度が低い>

ディーゼルエンジンの場合、自然着火というディーゼルエンジンの着火システムは始動時のエンジンが冷えきっている場合にはシリンダー内の燃焼が不安定でありノッキングを起こす場合があります。

冬期の冷え込んだ朝はエンジンを始動させるとノッキングを起こしやすい状態になっています。

 

<エンジン負荷が高い>

エンジンに相当量の負担がかかっている場合です。

積載量を最大でトラックを始動させる場合や上り坂を走行させる場合にエンジン負荷が高くなってしまいエンジンの燃焼リズムが崩れてしまってノッキングを起こしてしまうことがあります。

 

<汚れ>

エンジン内部の燃焼室であるシリンダー内やピストン、またはシリンダーヘッドに溜まるカーボンの汚れが燃料の異常燃焼の原因となります。

それがもとでノッキングを起こす場合があります。

 

<オクタン価とセタン価>

オクタン価はガソリンの場合に用いられます。

オクタン価が高いほど燃料は自然発火性が低く、エンジン内で正常に燃焼するための余裕があります。

セタン価は、ディーゼル燃料の場合に用いられます。

セタン価が高いほど燃料は速やかに燃焼し、エンジン内での燃焼がより効率的になります。

このオクタン価とセタン価がガソリン、ディーゼルの各エンジンにおいて適切な水準でないものを用いることでノッキングを起こしてしまいます。

 

<圧縮比とブースト圧>

ターボチャージャーがついたエンジンの場合、一般のエンジンよりも圧縮比もブースト圧も高くなります。

そのためエンジン内の温度が高くなってしまい異常燃焼を起こしてしまいます。

それが原因でノッキングを起こす場合があります。

 

<不適切なカスタマイズや修理>

一番よくないケースですが、適切でないカスタマイズや修理を行うことでノッキングを起こす場合があります。

不要なカスタマイズを行うことは無く、修理は信頼できる整備工場で行いノッキングの原因を作らないようにしましょう。

 

・異常燃焼以外のノッキング

クラッチを使うマニュアル車のシフト操作ミスで発生する振動をノッキングと呼ぶこともあります。

今回この『豆知識』のノッキングはエンジンシリンダー内の異常燃焼を言っており、これとは意味が異なるノッキングです。

 

ノッキングが起きたらどうする?

 

・軽度のノッキングの場合は燃料などの見直し

ディーゼルエンジンのトラックであれば、セタン価の高い燃料を使用する方法や燃料に添加剤を加えて燃焼を促す方法を検討してみてください。

 

・エンジンオイルの交換

エンジンの負担を減らすことはノッキングを抑えるのに効果的な場合があります。

使用するエンジンオイルを粘度の高いものに替えるとノッキングが収まることがあります。

 

・オーバーホール

オクタン価、セタン価の高い燃料に替えたり、添加剤を加えたりして燃焼を促してみる方法や粘度の高いエンジンオイルでエンジンの負担を減らす方法でもノッキングが改善されない場合もあります。

エンジンの内部パーツの摩耗で燃焼室内の圧力が上がらないケースや燃料噴霧装置の不具合などのケースもあります。

そのような場合には費用はかかりますが、エンジンのオーバーホールが必要になることがあります。

 

「金額だけ知りたい」という方もお気軽にトラックファイブにご連絡
トラック買取の無料査定はこちら
  • 豊富な実績

    買取12,000台/年

  • 最短即日から!

    高価買取

  • 日本全国無料!

    出張査定


まとめ

 

トラックのノッキングはエンジン内部でのトラブルであり、直接目視で確認できるものではありません。

整備工場などの整備士でなければ正しい診断は出来ません。

日常点検や走行時の異音の聞き取りに注意を払い、早め早めに対応することが大切です。

それでもトラックにはそれぞれ寿命があります。

ノッキングがその寿命を知らせてくれるタイミングの場合もあるかも知れません。

そのタイミングが来たら是非トラック買取業者であるトラックファイブにご相談ください。

創業20年のトラックファイブは年間に1万台をはるかに超えるトラック・重機の買取実績を持っています。

日本の中古トラックは常時行われる点検で非常に状態がよく、海外では人気なうえ動かなくなるまで使われます。

海外への販路を持つトラックファイブは日本の優秀な中古トラックを待ち望む各国に送り出しています。

これまでかけて来た点検費用を無駄にしないためにもその時が来たら是非トラックファイブにご相談ください。

 

トラックファイブは『豆知識』で皆さまのお役に立つ情報をお届けします。

「金額だけ知りたい」という方もお気軽にトラックファイブにご連絡

トラック買取の無料査定はこちら

  • 豊富な実績

    買取12,000台/年

  • 最短即日から!

    高価買取

  • 日本全国無料!

    出張査定


関連記事一覧