土砂禁ダンプとは?買取事情と査定時にチェックされるポイント

土砂禁ダンプとは?

 

今回の『豆知識』では土砂禁ダンプの種々の特徴を説明させていただき、高価買取に結びつけて頂ける情報をお伝えします。

・土砂禁ダンプの特徴

土砂禁ダンプはその名称の通り土砂を運搬することを目的としておらず、草木や落ち葉、ペットボトルやごみなどの軽くて嵩(かさ)のある物の運搬に利用されるダンプトラックです。

通常のダンプである土砂ダンプよりもあおりが高くなっているのが特徴です。

走行中は、風や振動で積荷が飛散する可能性があるのでネットやシートで上部を覆うのが通常の運行スタイルです。

土砂ダンプよりもあおりが高くなっているだけ容積的には大きくなっておりますが、これはあくまでも軽量物を大量に運搬するためのものであり、過積載を防ぐために土砂を積むことは禁止されています。

それが理由で土砂禁ダンプと呼称されています。

 

・土砂禁ダンプの種類

<清掃ダンプ>

清掃を行えば必ず出て来るゴミの搬送に使われるダンプトラックです。

草木、落ち葉やペットボトル、ゴミ袋などかさばるゴミを処分先まで移送する役目を果たす土砂禁ダンプです。

ただし、出来るのは積荷を移送し降ろすことだけです。

積み込みはユンボなどの重機や揚重機の力が必要です。

 

<ファームダンプ>

この名称通り、農場や牧場で利用される土砂禁ダンプです。

農作業での利用が多く『ファームダンプ』と呼ばれ、農作物や畜産用飼料などを運び『デカ箱』の愛称でも親しまれています。

清掃しやすくさびにくいのが特徴です。

北海道での利用が多く、除雪作業にも役立つ土砂禁ダンプです。

 

<チップダンプ>

主に木のチップの移送に利用され砂禁ダンプです。

ユンボなどの重機や揚重機の力で積み込みを行い輸送中は風で舞い出さないようにシートかネットで保護します。

荷降ろしはダンプ機能でチップを降ろす場合と、トラックダンパーという装置でダンプごと傾ける装置を利用する場合とがあります。

 

サイズ別】土砂禁ダンプの寸法と代表車種

 

・小型ダンプの規格と代表車種

全長4.7m以内 全幅1.7m以内 全高2.0m以内 最大積載量3t以内 車両総重量5t以内が小型トラックの規格条件です。

三菱キャンター、日野デュトロ、いすゞエルフ、UDカゼットなどが活躍しています。

 

・中型ダンプの規格と代表車種

全長12m以内 全幅2.5m以内 全高3.8m以内 最大積載量6.5t以内 車両総重量11t以内が中型トラックの規格条件です。

三菱ファイタ―、日野レンジャー、いすゞフォワード、カゼットなどが活躍しています。

 

・大型ダンプの規格と代表車種

全長12m以内 全幅2.5m以内 全高3.8m以内 最大積載量6.5t以上 車両総重量11t以上が大型トラックの規格条件です。

三菱スーパーグレート、日野プロフィア、いすゞギガなどが活躍しています。

 

土砂禁ダンプの買取について

 

・中古土砂禁ダンプの需要

土砂禁ダンプは軽量物を大量に運搬するため、比較的大きな車両が多いです。

中古であれば大型トラックと言えども新車購入よりも費用を抑えることが出来ます。

どのトラック買取業者も高価買取をして再販用の在庫を切らさないように努力しています。

 

・土砂禁ダンプの買取に必要なもの

買取に必要な書類は土砂禁ダンプと言えども一般的な土砂ダンプと同じ書類が必要です。

・自動車検査証

・自賠責保険証明証

・譲渡証明書

・印鑑登録証明書

・自動車納税証明書

・リサイクル券

 

・土砂禁ダンプを高く売るコツ

<海外に販路がある業者に依頼する>

日本のトラックの優秀さは海外に知れ渡っており、併せて新車価格の高さも知れ渡っています。

価格が安く、納期も早い日本の中古土砂禁ダンプは海外で人気です。

海外では修理を繰り返し、トラックが動かなくなるまで使うことが多いので、部品だけでも売ることが可能です。

そのような理由から状態の悪い土砂禁ダンプでも海外では高く売れる可能性が高いので、高価買取が可能になるのです。

 

<トラック買取専門業者に依頼する>

ダンプの査定には専門知識が必要なので、買取ノウハウの多い業者でなければ正確な査定額が分かりません。

トラックファイブはトラック、重機での年間1万台の買取実績があり、創業以来の20年間で75万台の査定実績を持っています。

トラックファイブは出張査定や手数料を無料で行い、買取に必要な手続きを代行するなどのサービスを充実させています。

トラックファイブはお客様第一主義の徹底したお客様サポートを目指しています。

行政書士出身のスタッフも携わっており、完璧な体勢を整えて書類トラブルゼロも実現させスタッフ一同最高のサービスを提供させていただき、お客様に安心していただけるよう努力しています。

 

<メンテナンスをしておく>

査定員の第一印象をよくするための洗車等による外見の美しさも必要ですが、日頃のメンテナンスも十分に行いPRすることは高価買取につながります。

日常のメンテナンスはトラックの状態を良くし、買い手がつきやすいのでプラス査定をしてもらいやすくなります。

査定時に点検記録を提出すると良いアピールになります。

 

・土砂禁ダンプの査定時にチェックされるポイント

あおりの形状、リアゲートの形状、荷台床の材質、積載立米数(りゅうべいすう)など土砂禁ダンプの命とも言える荷台を入念にチェックされます。

その他プラス査定に繋がるポイントは積極的にアピールしてください。

 

まとめ

アオリの高いユニークな形状の土砂禁ダンプは海外で人気のある車種のトラックです。

少しでも高価買取を目指すのでしたら、海外にも販路を持つ私たちトラックファイブにご用命ください。

どんな状態でもあきらめないでください。

たとえ不動車であろうとも思いのほかの高価買取につながる可能性もあるのです。

トラックファイブは皆さんからのご相談をお待ちしています。

まずはご連絡ください。

電話でもウェブでもご相談を受けています。

 

トラックファイブは『豆知識』で皆さまのお役に立つ情報をお届けします。

中古トラックの買取依頼なら、ぜひトラックファイブへお気軽にお問い合わせください!
まずは「トラックの値段だけでも聞いてみたい」といった問合せにも対応いたします。 トラック・バス・重機を高く売るなら査定実績60万台越えのトラックファイブへ!の画像

関連記事一覧