トラックは何年で買い替えるべき?寿命と買取してもらえる時期とは?

トラックの寿命を考える

 

日本のトラックは優秀です。

しかしながら、永年苦楽を共にして来た優秀なトラックにも寿命があって、手放す時期がやって来るのは当然の成り行きです。

 

トラックの買い替え時期を想定するために、平均的なトラックの使用年数の資料として下記をご覧ください。

 

国土交通省自動車局貨物課及び(社)全日本トラック協会で作成した資料『トラック輸送の実態に関する調査』のうち、図2-2 平均的な車両の使用年数の構成比 よりお借りしているグラフです。

 

※2011年(平成23年)作成

 

「営業所で使用している車両の平均使用年数」について質問しています。

全体では、「10年以上15年未満」が最も多く51.2%となっています。

次いで「5年以上10年未満」が21.2%となっています。

全体の平均値は10.8年であり、平均的な車両の使用年数は10年強と考えられます。

 

 

そして、トラックの一般的な走行距離数として、

小型トラックで20万km、

中型トラックで40~50万km、

大型トラックで70万km

が一般的に目安として言われています。

 

しかし、誰もがこのような平均使用年数や平均走行数を目安にしてトラックの買い替え時期を考えるのでしょうか。

 

その理由は様々でしょう。

毎日ともに汗水を流して働いて来たトラックを時間の経過のみを理由で買い替え時期を考えるよりも、事故を起こしてしまったり、故障を起こしてしまっていたりと、年度当初に計画していた事業計画通りにはならないことがままあるのではないでしょうか。

 

 

トラックの売り時(買い替え時)を考える

 

中古トラックの相場は変動します。

この相場は、ほかの物と同様に様々な要因で絶えず変動しています。

その中でも大きな変動には年間を通しての時期があります。

 

各企業によって決算月に若干の違いはあるものの、日本の企業の多くは3月を決算月にしています。

そのため、年度内に消化できなかった予算を使い切るために中古トラックの購入に充てようと年度末に需要が増します。

2月、3月そして、4月までかけて中古トラックの市場価格は高騰します。

 

まさに需要と供給の法則ですね。

 

そして、この需要と供給の法則による市場価格と買い替え時期と考えるトラックの買取価格の上昇が必ずしも一致するとは限りません。

 

現在、世界的な半導体や部品不足によってトラックメーカー各社が減産に追い込まれています。

そんな最中に起きた日野自動車のエンジン不正問題で、同社は大型トラック・中型トラックそしてバス「セレガ」まで出荷を停止しました。

 

そのために国内の新車トラックの供給数が減りました。

この新車の供給減は中古トラックの需要につながり中古トラック市場の大型トラック・中型トラックの在庫量を減らしているのです。

 

その結果、中古トラックの売却価格の相場が高騰しています。

そしてこの需要と供給のなか、当然品薄、希少となっている大型・中型トラックの買取価格が上がっているのです。

トラック買い替え時期としては良いとも悪いとも言えない微妙な時期かもしれません。

 

しかし、このような動きの中でより良い価格でトラックを売却し、新しいトラックを手に入れる上手な買い替え時期をキャッチするには上質な多くの情報が必要とされます。

 

※一般的になかなか流れてこない情報をタイムリーにつかむためには懇意の信頼できる中古トラック買取業者をつかまえておくことはとても有益なことなのです。

 

トラックを売るだけのために買取業者を選ばない

 

より良い買い替え時期をキャッチするためにトラック買取業者と普段からコンタクトを持ってみるのはどうでしょうか。

これだけ見通しの付きにくい時代には『餅は餅屋』であるトラック買取の専門業者に頼ってみるのも経営の先を見通す方法の一つになるかも知れません。

 

海外に販路を持つトラックファイブは当然トラック業界の情報も海外の情報もつかむ努力をしています。

より良いタイミングの買い替え時期をキャッチすることが可能になります。

 

トラックファイブの出来ること

日々の情報の提供のあとにやって来る買取時期には他社よりもより高い価格で査定額を出し、買い替えのお手伝いをさせていただきます。

 

買取査定に出すのならば(当トラックファイブの査定の流れ)

 

中古トラック60万台以上の査定実積を持つトラックファイブの流れです

 

①まずはお申し込み

WEB・TEL・LINE・FAX・EMAIL、のなかからお客様のご都合で選んでください。

※買取価格の目安となる最短20秒の無料ネット査定が便利です。

 

②相談、お問い合わせ、無料簡単査定をお受けいたします。

 

社内オペレーションシステムで全国営業所にすぐ連絡して熟練の査定士によって査定

結果をお出しします。

 

③出張無料査定実施!

WEB・TEL・LINE・FAX・EMAIL、のなかからお客様のご都合でお申し込みいただけ

れば、全国の拠点に在籍する経験豊富な査定士がお客様のもとへいち早く伺います。

全国どこにでも無料で出張査定にお伺いします。

 

そして、ご提示金額にご満足いただけましたら売買契約書を締結いたします。

所有権移転までに必要な複雑な書類作成はすべて無料で作成させていただきます。

 

当TRUCK FIVEの特徴
日本全国スピード対応 全国7つの拠点を持ち、北海道から沖縄までどの地域でも即日対応可能。
即日現金買取も可能 お伺いしたその場で査定金額を提示。即日現金でお支払いします。
正確無比な査定システム ネットワークを駆使した迅速・正確な査定システムを構築。適正評価の買取を実現。
書類無料代行 複雑な書類作成も無料で代行。書類に関するお困りごとにも万全の体制でサポート。

 

・私ども買取業者のチェックポイント、より有利な査定を受けていただくために

中古トラックの買取査定は新車を100%と考えれば、雨風に晒すことなく倉庫内に保管したとしても時間の経過だけの経年劣化によりその価格は安くなるのが当然です。

買い替え時期が来たトラックと言えども愛情を持ってそのトラックと付き合ってきたことが査定士にも伝わることが理想です。

 

その共に苦労をして来た相棒のトラックを少しでも良い査定評価をしてもらい、第二の人生を送らせてやりましょう。

 

・外装でのチェックポイント

車外の第一印象の良し悪しは査定に大きく影響します。

車体の洗浄・ワックスがけや足回り、車体底の泥落とし・洗浄は当然のことです。

 

車体の傷やへこみは長く乗っていれば避けられるものではありません。

ただ、再塗装や板金加工処理をしなければならないような大きな傷やへこみがある場合には修理に出さずに査定士にそのまま見せた方がよい場合が多いでしょう。

 

減額の対象となりますがその額より修理費用の方が高くなる可能性もあります。

よく見せようとしてかえって損をしてしまう可能性があるということです。

そのまま査定を受けましょう。

 

足回りはトラックのエンジンに次ぐ重要部分です。タイヤ・ホイール・サスペンションなどの劣化や錆、傷やへこみ、汚れがチェックの対象となります。

マフラーも含まれますので、万が一純正品でなければもとに戻しておきましょう。

 

その他でも改造箇所があれば純正部品に戻してください。

 

・内装でのチェックポイント

車内、キャビンは運転、休憩、仮眠と長い滞在時間でなかば生活の場と化しています。

そのための汚れは様々です。

作業から持ち込んでしまう油もあれば、ドライバーの汗もあるでしょう。

タバコの焼け焦げもあれば、ジュース、コーヒーなどの飲料のこぼれたシミ、食べ物のシミもあるでしょう。

可愛い娘を嫁に出すと思い、徹底的に掃除してみてください。

中性洗剤を使って徹底的に拭き掃除をしてください。

 

そして、それらに伴う臭いは嫌われます。

トラックの臭いはタバコと食べ物の臭いです。

念入りな拭き掃除で多少は軽減されますが、ここはひとつエアコンフィルターを新調し、キャビン内の空気を良くして大きな減額査定を防ぎましょう。

 

 

取扱説明書など各種書類、各トラックメーカーが用意した取扱説明書も忘れず用意しましょう。

トラックの架装によって使用方法が大きく変わるので、架装メーカーの取扱説明書も必要です。例えばユニックならクレーンの取扱説明書、積載車なら積載方法の取扱説明書が必要となります。

 

トラックのより良い条件提示をしてくれる買取業者をつかまえることもとても大切ですが、

より良い条件でトラックの買い替え時期をキャッチすることの出来る買取業者をつかまえることも同じくらい大切なことになると思います。

 

トラックファイブは皆さまからの連絡をお待ちしております。

中古トラックの買取依頼なら、ぜひトラックファイブへお気軽にお問い合わせください!
まずは「トラックの値段だけでも聞いてみたい」といった問合せにも対応いたします。 トラック・バス・重機を高く売るなら査定実績60万台越えのトラックファイブへ!の画像

関連記事一覧