コンビニ大手3社 店舗向け共同配送で8月に実証実験

セブン-イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートの大手コンビニエンスストア3社は7月22日、店舗向け共同配送の実証実験を8月にスタートする、と発表した。3社が共同利用するトラックが各社の店舗に商品を納入する体制を構築・運用することで、物流をどれだけ効率化できるかを検証する。コンビニ大手3社による共同配送は今回が初めてとなる。

3社は東京都・江東区の物流施設に「共同物流センター」を設置。各社が現在運用している一括物流センターから常温商品(飲料、菓子、日用雑貨など)を「共同物流センター」に移送した後、都内の湾岸エリアで展開する各社の計40店舗(セブン13店舗、ローソン14店舗、ファミリーマート13店舗)に同じトラックでルート配送する。

「共同物流センター」は原則として通過型センター(TC)として運用するが、ナショナルブランド(NB)商品など一部アイテムについては共同在庫の可能性を探るため、施設での一時保管や店舗別ピッキング・仕分けなども実施する。

コンビニ大手3社による共同配送には、物流効率化によるコスト削減のほか、災害発生時のサプライチェーンの安定稼働や、環境負荷(CO2など)の軽減といった効果が期待されている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。