中型トラックをご紹介!メーカーごとの特徴を徹底解説 

日本経済を支える物流、昼夜を通してトラックは様々な物を運び、私たちが当たり前の生活を送れるように支えてくれています。
輸送する距離、量によってトラックのサイズを変えて効率的な輸送を行っています。
トラックの積載量で大型・中型・小型に分けられています。

長距離、大量輸送には大型トラック、近距離、市街地での小口配送等には小型トラックが主に使用されます。

 


大型トラック
は一般的に積載量が10トンクラスのトラックを称しています。

小型トラックは一般的に積載量が2トン以下のトラックです。

中型トラックは一般的に積載量が4トンクラスのトラックを称しています。

 

なお、トラックの荷台の形や装備でトラックごとに積載量には差異が生じるので注意が必要です。

中型トラックは短距離、中距離の輸送に主に使われ、積載可能な量に対しての小回りが利く便利さから、引っ越し、各種運送に適したサイズのトラックです。

 

中型トラックとは


ここでは中型トラックの重量、積載荷重とサイズ、および必要となる運転免許証を押さえておきたいと思います。

 

中型トラックの最大積載荷重と車両総重量

中型トラックの最大積載量は6.5t以内のトラックです。

そして車両総重量は5t以上11t以内です。

この車両総重量は乗車人員の体重まで含めての車両全体の重量です。

実際に許可された最大の人や荷物を積んで走る時の重量ということになります。

 

車両総重量=車両重量+乗車定員×55kg+最大積載量

 

上記の計算式で車両総重量は算出されますので、架装まで含めた車両重量で逆算すればその中型トラックの最大積載量は自ずと出てきます。

 

中型トラックの形状(全長・全幅寸法)

 

全長  全幅  全高  
12.0m以内 2.5m以内 3.8m以内

 

中型トラックに必要な免許証

中型トラックに必要な運転免許証は現行の中型免許以上が必要となります。

平成19年6月1日以前に普通免許を取得した方は自動的に中型(8t限定)免許証に切り替わり、車両総重量8t以内の中型トラックであるならば運転可能です。

 

そして、中型免許取得の条件として、普通自動車免許または大型特殊自動車免許取得後に運転経験期間が2年経過していることが義務付けられています。

 

中型トラックの種類

小回りが利き、短距離から中距離の輸送に適した中型トラックです。

架装によってあらゆる種類のトラックに対応の出来る中型トラックです。

そのTPOに応じて最適な中型トラックをご利用いただきたいと思います。

 

平ボディ

誰もがトラックと聞けば思い出す、一番一般的な形状の架台を載せたトラックです。

屋根が無く、荷台がフラットの貨物の積み下ろしのし易いトラックです。
荷台が軽いので、積載量を4t以上確保することも可能です。

中型トラックの平ボディは長距離を大型トラックで運ばれてきた中継地から積み替え、各地域への輸送の中心となるトラックです。

 

アルミバン

アルミ製の荷台を架装した箱型のトラックです。

風雨から荷物を守り、EC事業の発達で増えた小口配送品をトラブルの無いようにバンの内部に収納して安全に運びます。

ただし、中型トラックのアルミバンはボディの重量によって積載量は4t以下に減ってしまいますのでご注意ください。

 

ウイングボディ

アルミバンの進化系のスタイルの箱型のトラックです。

バンボディの両側を開くようにしたトラックです。

フォークリフトで横から直接荷物の積卸しが出来て作業効率は向上します。

中型トラックのウイングボディは、開いたときに鳥が翼を広げたような形状になるのでウイングボディと呼ばれています。

現在では、冷蔵・冷凍機器や各付属機器機能の性能の向上によってウイングボディの冷蔵・冷凍車も活躍しています。

 

幌ウイング

荷台を幌でおおったウイング車です。

軽量素材である幌を使うことで通常のアルミウイング車より車両重量は軽くなり、その分貨物を積み込むことが出来る優れものです。

中型トラックの積載量である6.5tを限りなく活かし、かつ貨物の保護を可能にする働き手なのです。

 

 

各種メーカーの中型トラック


三菱ふそう(ファイター)

ドイツのメルセデスベンツのダイムラーグループの傘下に入った三菱ふそうトラック・バス株式会社です。

ドライバーの安全と快適を追求した中型トラックファイターはパワーのあるエンジンにも定評があり、建設で使われるダンプカーに多く利用されています。

高度な予防安全システムを搭載し、さらに、『人を基本とした快適な走り』と『新次元の効率性・経済性を追求』したこのファイターは4気筒エンジン搭載車と6気筒エンジン搭載車から選ぶことが出来る車種です。

 

日野自動車(レンジャー)

トヨタグループ傘下であり、トラックシェア国内第一位に位置する日野自動車は自社が掲げる基本理念『もっとはたらくトラック・バス』『豊かで住みよい持続可能社会』に基づき隊列走行・ロードトレインによる高効率な大量輸送に向けて国内をリードし、成長を続けています。

中型トラックレンジャーはドライバーのために『燃費性能』『安全性能』『快適性能』を掲げており、トヨタ・日野の技術の粋を結集させています。

 

いすゞ自動車(フォワード)

日本で最古の自動車メーカーの「いすゞ自動車株式会社」通称『いすゞ』は、1916年創業、『道を拓き、街を創り、人が暮らす』という『いすゞ』の言葉。

そして、その発展に必要不可欠なのは『運ぶ』力であり、商用車とディーゼルエンジンのプロフェッショナルとして最先端の『運ぶ』力で支える、といすゞは続けています。

中型トラックフォワードは中型トラックの事故実態を分析しての最適な装備を搭載しています。

そして、経済性と効率にこだわった燃費を実現するためにいすゞの粋を集めています。

そのイメージソング通り『いつまでもどこまでも♪』ドライバーに優しいいすゞです。

 

UD(コンドル)

『トラック戦国時代』に巻き込まれた形で『UDトラックス』は翻弄されています。

現在はいすゞグループのUDトラックスです。

『ビジネスニーズに応える幅広い車種を取りそろえ、トラックに求められる燃費性能、安全性能、運転性能を確かなものにし、UDトラックスならではの万全のサポート体制が、より効率的な物流を実現』させることを目標に掲げてこの中型トラックコンドルを送り出しています。

まとめ

中型トラックは大型トラックに比べて運転がしやすいです。

トラックは大きくなれば車体の長さで運転は難しくなり、事故のリスクは高まります。

大型トラックの安全運転のためには運転技術の習得が必要となりそれには経験と時間が必要となります。

それと比べると中型トラックの運転はしやすいので、まずは中型トラックで仕事につき、大型トラックを運転するための練習と考えるのも一手かも知れません。

 

トラックドライバーの仕事は、時間との勝負、中型トラックの特徴であるそのサイズから、ドライバーの仕事の大きな割合を占める荷下ろしの負担が軽減され、その分仕事は効率的に回るでしょう。

 

中型トラックをお探しのあなた、四大トラックメーカーの中型トラックの買取を積極的に行っています。

是非とも当社にご相談をいただきたく思います。

 

 

中古トラックの買取依頼なら、ぜひトラックファイブへお気軽にお問い合わせください!
まずは「トラックの値段だけでも聞いてみたい」といった問合せにも対応いたします。 トラック・バス・重機を高く売るなら査定実績60万台越えのトラックファイブへ!の画像

関連記事一覧