コカ・コーラ 兵庫県明石市で国内最大級の物流センターを建設

コカ・コーラ ボトラーズジャパンは11月12日、兵庫県明石市の明石工場の敷地内に物流センターを建設する、と発表した。新施設は同社にとって国内最大級の物流センターとなる見通しで、2022年末の竣工を予定している。

新拠点「明石メガDC」は敷地面積7万8992平方メートル、延べ床面積4万3440平方メートルの3階建て。約6万パレット分の保管能力を有し、入出荷業務の大部分は自動で処理する。「明石メガDC」がカバーするのは大阪府と兵庫県で、取引先向けに年間約8000万ケースを出荷する計画。

コカ・コーラ社では2016年5月から物流改革プロジェクトをスタート。「明石メガDC」に先行するかたちで、2021年上期には「埼玉メガDC」が稼働する予定となっている。

2022年末に竣工予定の「明石メガDC」

出典)コカ・コーラ ボトラーズジャパン ホームページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。