UDトラックスの小型トラック「カゼット」とは?機能・性能の視点から解説

カゼットとは

UDトラックスの小型トラック

カゼットはUDトラックスの小型トラックです。

そのカゼットの前身はコンドルでした。

2014年にカゼットは販売され、当時は三菱ふそうトラック・バスのキャンターをOEMとして受けていました。

ユーザーのビジネスニーズに応えるために「全身をフルモデルチェンジし、新しい小型トラックの在り方、次の理想を示す」と銘打ち、「時代の期待に高次元で応える性能と、次代を見据えた新しい価値で、お客様の輸送ビジネスをさらに力強くサポート」すると、UDトラックスはカゼットにかける熱い思いを伝えています。

ちなみにカゼットとは「街に元気を届ける爽やかな風のように働く小型トラック」という意味を込めた「風」から派生した造語です。

 

現行モデル

トラック業界全体が生き残らねばならない現状のなか、UDトラックスは2021年にいすゞ自動車の傘下となりました。

2023年フルモデルチェンジではOEM元がいすゞに変わりました。

以前供給を受けていたカゼットの前身コンドル以来9年ぶりに、ベース車がエルフに戻りました。

 

スペック

カゼットには4モデルあります。

  • 最大積載量5-2トン以下、車両総重量3.5-7.5トン
  • 最大積載量2-3トン以下、車両総重量5-7.5トン
  • 最大積載量3トン、車両総重量5-7.5トン
  • 車両総重量5-8.0トン

 

<仕様>

駆動方式:4×2

トランスミッション:9速デュアルクラッチAMT/MT

エンジン:4JZ1、いすゞの最先端ディーゼルエンジンで、尿素SCRと合わせて高い燃費性能を発揮しています。

排ガス規制:平成28年排出ガス規制適合。

最高出力:150PS。

主要用途:カーゴ、ダンプ

【参考】UDトラックスの買取相場・実績はこちら

【参考】トラック・重機の買取相場・実績一覧はこちら

 

「金額だけ知りたい」という方もお気軽にトラックファイブにご連絡
トラック買取の無料査定はこちら
  • 豊富な実績

    買取12,000台/年

  • 最短即日から!

    高価買取

  • 日本全国無料!

    出張査定


カゼットの魅力「安全機能」

私たちが絶えず考えなければならない交通死亡事故ゼロですが、カゼットは今後の自動運転まで見据えた安全機能に関する技術の数々を搭載しています。

先進運転支援システムのパックオプション

ユーザーのニーズに合わせた最上な安全運転支援機能を提供するために、カゼットは4種のパックオプションを設定しています。

標準装備となる「ベーシックパック」には車線逸脱警報、ふらつき警報、先行車発信お知らせ機能、誤発車抑制機能、車間距離警報、プリクラッシュブレーキ(直進時)、ブラインドスポットモニターの各安全機能が装備されています。

その他の先進運転支援システムの追加装着が上位パッケージを選ぶことで可能となります。

 

スタンダード

「スタンダードパック」にはベーシックパックに加えてプリクラッシュブレーキ(右左折時)、フロントブラインドスポットモニター、可変配光型LEDヘッドランプが装備されます。

  • 「プリクラッシュブレーキ」は交差点において直進時・右左折時の歩行者との衝突回避を警報・急ブレーキでドライバーを助けるシステムです。
  • 「フロントブラインドスポットモニター」はトラックの前方死角エリアの自動車・バイク・自転車・歩行者を検知し警報音とピラー部の警告灯で知らせてくれるシステムです。
  • 「可変配光型LEDヘッドランプ」は、夜間に先行車や対向車へのハイビームを自動で遮光するシステムです。

 

アドバンス

「アドバンスパック」にはさらにドライバーステータスモニター、ドライバー異常時対応システム、標識認識機能、標識連動型スピードリミッター、全車速車間クルーズが搭載されています。

  • ドライバーステータスモニターはカメラがドライバーを絶えずモニタリングします。ドライバーに異常を検知したら警報・音声、警告表示やエアコンの冷風でドライバーに注意を促します。
  • ドライバー異常時対応システムは、ドライバーに体調の急な異変などがあった際にドライバーのスイッチ操作またはドライバーステータスモニターにより自動発動してシステムがトラックを自動的に停止させます。
  • 標識認識機能・標識連動型スピードリミッターは、その名称通りにシステムが標識を自動的に読み取りドライバーに注意喚起を行い、さらには標識の最高速度に合わせて自動的に減速させます。

 

プレミアム

さまざまな先進運転支援システムに加えて「プレミアムパック」にはレーンキープアシストが装備されています。

レーンキープアシストはカメラが走行車線の左右白線を検知します。

車線維持や車線逸脱抑止支援を、システムがステアリング操作を行い、電動アシスト制御します。

 

カゼットの魅力「燃費・環境性能」

AT限定運転免許にも対応の新9速AMT「ISIM(アイシム)」が燃費・環境性能向上に大きく貢献しています。

新AMTの「ISIM(アイシム)」による運転性能・燃費性能

カゼットでは新AMTとして9速デュアルクラッチトランスミッション「ISIM(アイシム)」を設定しています。

9速の多段化はエンジン回転上昇を抑えた早めの自動変速で、高次元の燃費と動力性能を両立しています。

省燃費自動変速が、ベテラン・新人ドライバーの運転技量に関係なく燃費のバラツキを低減しています。

AT限定運転免許にも対応の新9速AMTはこれまでの小型トラックにはない駆動力と運転のしやすさの両方を実現しました。

 

高性能4JZ1エンジンによる燃費向上・環境性能

カゼットにはいすゞが開発した小型トラック専用に設計した最先端ディーゼル「4JZ1エンジン」が搭載されています。

メモリとセンサーを持つインジェクターなどを採用した最新ディーゼルエンジンです。

尿素SCRと合わせて、高度な燃費性能を発揮しています。

2015年度燃費基準ばかりか、より高いレベルの次世代の2025年度燃費基準にも、クラスでトップレベルの達成度でいち早く対応している優秀なエンジンです。

燃料噴射量を常時フィードバック補正し精密制御する「自律噴射精度補償技術「i-AR T」(アイアート)」や「オイル劣化モニタリング」、NOx低減に努める「モデルベースEGR制御(Exhaust Gas Recirculation)」などの機能を搭載したエンジンです。

【参考】UDトラックスの買取相場・実績はこちら

【参考】トラック・重機の買取相場・実績一覧はこちら

「金額だけ知りたい」という方もお気軽にトラックファイブにご連絡
トラック買取の無料査定はこちら
  • 豊富な実績

    買取12,000台/年

  • 最短即日から!

    高価買取

  • 日本全国無料!

    出張査定


カゼットの魅力「快適性能」

運転時の些細なストレスは、毎日の業務にあたるドライバーにとって積み重なれば大きなストレスになってしまいます。

そのストレスを軽減・解消しているのがカゼットの外装と内装です。

外装

「カゼット」という名称は「街に元気を届ける、爽やかな風のように働く小型トラック」をイメージして命名されています。

躍動的なフロントフェイスを持ち、さまざまな先進的機能を備えた外装はユーザーの心を捉えて放しません。

キャブ全面は目的別にゾーンニングされており、安全機能として備えられたレーダーやセンサー、LEDランプが配備されています。

洗練されたフォルムに包まれた外装に質実剛健とも言える配備された各機能は運転したドライバーを納得させる、そんな力を持つカゼットです。

 

内装

キャビン内装備であるシートには運転席のアームレスト、ランバーサポートがドライバーを優しく支えてくれます。

小型トラックでもキャビン内は仕事の場所ばかりではなく、休息の場所にもなります。

トリコットスエード+合成皮革シート、ハンガーフックなどがドライバーの疲れを癒してくれます。

 

まとめ

2024年問題や、この先の日本という国が世界の先頭を走る少子高齢化のなか、さらにドライバー不足が予想されますが、AT限定運転免許にも対応の新9速AMT「ISIM(アイシム)」は時代のニーズをしっかりとらえています。

大型トラックで名を馳せるUDトラックスのなかでは「いぶし銀」的な存在ですが、近い将来にはUDトラックスを引っ張るカゼットの時代がやって来るのかも知れません。

この先が楽しみなUDトラックスのカゼットを今回はご紹介しました。

 

トラックファイブは『豆知識』でこれからも皆様にさまざまな情報をお届けします。

【参考】UDトラックスの買取相場・実績はこちら

【参考】トラック・重機の買取相場・実績一覧はこちら

「金額だけ知りたい」という方もお気軽にトラックファイブにご連絡

トラック買取の無料査定はこちら

  • 豊富な実績

    買取12,000台/年

  • 最短即日から!

    高価買取

  • 日本全国無料!

    出張査定


関連記事一覧