動かなくなったトラックは買取可能? 高額買取のコツとは!?

はじめに

 

故障したり事故を起こして動かなくなってしまったトラックをそのまま会社の敷地内に放置していませんか?

「余計なことは先に延ばしたい」と、不動トラックをそのまま放置してしまうのは人間の性(さが)でしょう。

しかしながら、この不動トラックはトラック自体は動かないもののそこに置いておくだけでお金を動かしてしまいます。

 

自動車税、自動車重量税は廃車手続きを完了するまで発生します。

厳密に言えば不動トラックが占有する社有地の一部や倉庫内の一部は賃料も発生しているのです。

 

先入観で不動トラックは売れないと思わないでください。

私たちZEAL、TRUCK FIVEは永年の経験を積んだ中古トラック買取の専門業者です。

多くの不動トラックも扱ってきている私たちにまずはお声がけください。

 

今回の『豆知識』はこの不動トラックの売却方法です。

お手持ちの不動トラックに当てはめてよく考えてみてください。

 

 

売れる不動トラック、まずは買取査定を

 

スタートは不動トラックの買取査定です。

廃車手続きをする前に是非お声がけを願います。

トラックの状態を見せていただき、廃車すべきか否かの判断をまずはさせていただきます。

廃車手続きは誰の手で行っても費用が変わることはありません。ただ、私たち業者が代行すればその経費は当然頂きます。

そしてその費用はトラック売却代金内に相殺させていただきます。

ご自身で書類作成して提出までの手間を考えてみてください。

 

古いトラックを買取り、利益に結び付ける中古トラック買取業者がどうやって利益に結び付けるかを考えてみれば、不動トラックの高額な売却を求める売り主が気を付けなければならないチェックポイントが見えてくるかもしれません。

 

 

■不動トラック買取りまでの流れ

(中古トラック60万台以上の査定実積を持つTRUCK FIVEの流れです)

 

①まずはお申し込み

WEB・TEL・LINE・FAX・EMAIL、のなかからお客様のご都合で選んでください。

※買取価格の目安となる最短20秒の無料ネット査定が便利です。

 

②相談、お問い合わせ、無料簡単査定をお受けいたします。

社内オペレーションシステムで全国営業所にすぐ連絡して熟練の査定士によって査定

結果をお出しします。

 

③出張無料査定実施!

WEB・TEL・LINE・FAX・EMAIL、のなかからお客様のご都合でお申し込みいただけ

れば、全国の拠点に在籍する経験豊富な査定士がお客様のもとへいち早く伺います。

全国どこにでも無料で出張査定にお伺いします。

 

そして、ご提示金額にご満足いただけましたら売買契約書を締結いたします。

所有権移転までに必要な複雑な書類作成はすべて無料で作成させていただきます。

 

 

■当トラックファイブの特徴

・日本全国スピード対応

(全国7つの拠点を持ち、北海道から沖縄までどの地域でも即日対応可能。)

・即日現金買取も可能

(お伺いしたその場で査定金額を提示。即日現金でお支払いします。)

・正確無比な査定システム

(ネットワークを駆使した迅速・正確な査定システムを構築。適正評価の買取を実現。)

・書類無料代行

(複雑な書類作成も無料で代行。書類に関するお困りごとにも万全の体制でサポート。)

 

 

買取業者のチェックポイント、より有利な査定を受けるために

 

不動トラックの買取査定は新車を100%と考えれば、雨風に晒すことなく倉庫内に保管したとしても時間の経過だけの経年劣化によりその価格は安くなるのが当然です。

不動トラックと言えども愛情を持ってそのトラックと付き合ってきたことが査定士にも伝わることが理想です。

 

その共に苦労をして来た相棒のトラックを少しでも良い査定評価をしてもらい、第二の人生を送らせてやりましょう。

 

■外装でのチェックポイント

車外の第一印象の良し悪しは査定に大きく影響します。

車体の洗浄・ワックスがけや足回り、車体底の泥落とし・洗浄は当然のことです。

 

車体の傷やへこみは長く乗っていれば避けられるものではありません。

ただ、再塗装や板金加工処理をしなければならないような大きな傷やへこみがある場合には修理に出さずに査定士にそのまま見せた方がよい場合が多いでしょう。

 

減額の対象となりますがその額より修理費用の方が高くなる可能性もあります。

よく見せようとしてかえって損をしてしまう可能性があるということです。

そのまま査定を受けましょう。

 

足回りはトラックのエンジンに次ぐ重要部分です。タイヤ・ホイール・サスペンションなどの劣化や錆、傷やへこみ、汚れがチェックの対象となります。

マフラーも含まれますので、万が一純正品でなければもとに戻しておきましょう。

 

その他でも改造箇所があれば純正部品に戻してください。

 

■内装でのチェックポイント

車内、キャビンは運転、休憩、仮眠と長い滞在時間でなかば生活の場と化しています。

そのための汚れは様々です。

作業から持ち込んでしまう油もあれば、ドライバーの汗もあるでしょう。

タバコの焼け焦げもあれば、ジュース、コーヒーなどの飲料のこぼれたシミ、食べ物のシミもあるでしょう。

可愛い娘を嫁に出すと思い、徹底的に掃除してみてください。

中性洗剤を使って徹底的に拭き掃除をしてください。

 

そして、それらに伴う臭いは嫌われます。トラックの臭いはタバコと食べ物の臭いです。

念入りな拭き掃除で多少は軽減されますが、ここはひとつエアコンフィルターを新調し、キャビン内の空気を良くして大きな減額査定を防ぎましょう。

 

取扱説明書など各種書類、各トラックメーカーが用意した取扱説明書も忘れず用意しましょう。

トラックの架装によって使用方法が大きく変わるので、架装メーカーの取扱説明書も必要です。例えばユニックならクレーンの取扱説明書、積載車なら積載方法の取扱説明書が必要となります。

 

さいごに

 

買取らせていただいた不動トラックの販路は海外が多く、優秀な日本のトラックは旧タイプの国内で見かけなくなったトラックも現役のまま海外で活躍しています。

そんなトラックたちの交換部品となったりもします。

 

お客様には少しでも高い買取をさせていただく以上、私たちも利益を上げなければなりません。

そのために、その他の方法など社外秘にしていることもあります。

互いにウィンウィンの関係を保つことが大切なことと考えています。

そのために、普段取引の無い時から弊社の存在を意識していただき、気になることなどがある際には電話一本頂ける、そんな関係を作らせていただければ理想だと考えています。

 

中古トラックの買取依頼なら、ぜひトラックファイブへお気軽にお問い合わせください!
まずは「トラックの値段だけでも聞いてみたい」といった問合せにも対応いたします。 トラック・バス・重機を高く売るなら査定実績60万台越えのトラックファイブへ!の画像

関連記事一覧