トランコム 埼玉県蓮田市に大型物流センターを開設

トランコムは7月1日、三菱地所が埼玉県蓮田市に開発した物流施設「ロジクロス蓮田」の全フロアを賃借し、「蓮田ロジスティクスセンター」(仮称)としてオープンした、と発表した。同社にとって最大規模の物流拠点で、入出荷時の搬送や保管といった庫内オペレーションを迅速に処理するため、今後は自動運転ロボットの導入も検討していく。

「蓮田ロジスティクスセンター」は、敷地面積約1万4967坪、延べ床面積約2万3787坪の3階建て。圏央道と東北自動車道が交差するエリアに立地する。1階部分は両面バースを採用したほか、91台分のトラックバースと30台分のトラック待機場を確保した。

トランコムは現在、輸送企業と荷主企業をマッチングし、効率的な輸配送を実現するサービス「はこぶ」を展開しており、新施設を関東エリアにおける多種多様な輸配送機能を提供するコア拠点として位置づけている。

トランコムの「蓮田ロジスティクスセンター」

出典)トランコムホームページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。