シーアールイー 埼玉県三芳町にプラスロジ専用の物流施設

物流不動産開発のシーアールイー(CRE)は6月29日、埼玉県入間郡三芳町で開発を進めていた物流施設「ロジスクエア三芳」が竣工した、と発表した。同施設は、文具・オフィス家具メーカーのプラスの物流子会社プラスロジスティクスに一棟貸しすることが決まっており、同社では7月中に庫内オペレーションをスタートする予定。

「ロジスクエア三芳」は敷地面積約5700坪、延床面積約1万2300坪の4階建て。関越自動車道の所沢インターチェンジから約5・4キロメートルに位置する。また、同施設から0・6キロメートルでアクセスできる「三芳スマートインターチェンジ」は、上り線・下り線の入口と出口が計4つ設置されるフルインターチェンジ化が計画されており、将来の交通の利便性向上が見込めるという。

施設の3階部分には大型トラックの直接乗り入れが可能なスロープを用意することで1階部分および3階部分にトラックバースを確保した。また、非常時用電源供給装置、LED照明を導入したほか、将来は太陽光発電設備の設置も計画している。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。