三菱ふそう 原動機の不具合で大型トラックをリコール

三菱ふそうトラック・バスは6月22日、国土交通省に対して大型トラック「スーパーグレード」のリコールを届け出た。

不具合の部位は「原動機(オイルポンプ)」。大型トラックのエンジンにおいて、オイルポンプの製造にバラツキがあり、ポンプのギヤシャフトが傾くことがある。そのため、ギヤの歯面が摩耗し、そのままの状態で使用し続けると、ギヤが破損してエンジンへの供給油圧が低下し、最悪の場合にはエンジンが焼き付き、路上故障や火災に至る恐れがあるという。

改善措置としては、全車両についてオイルポンプ近傍の騒音値を計測し、ポンプの歯面が摩耗していると判断されたものは対策品に交換する。不具合件数は93件で、部分焼損の事故を1件確認している。不具合は市場からの情報で発見した。リコール対象は「スーパーグレード」など5車種、計1万6719台となっている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。