楽天&西友 関西エリアにネットスーパー専用の物流拠点

楽天と西友は2月16日、両社が共同運営する「楽天西友ネットスーパー」事業の関西エリアでの出荷能力を引き上げるため、専用物流センターを新設する、と発表した。新センターは大和ハウス工業が開発する物流施設「DPL茨木」(大阪府茨木市)の全フロアを賃借して運用する。大阪、兵庫、京都、奈良の一部エリアを対象にした配送拠点として機能する予定で、2021年内の稼働を計画している。

「DPL茨木」は延べ床面積約5万8000平方メートルの4階建て。名神高速道路「吹田ジャンクション」から約1・8キロメートルに位置する。

新センターでは常温、冷蔵、冷凍の3温度帯で商品を管理できる。庫内作業を効率化するため、自動搬送機などマテハン機器を導入する。商品の供給能力を強化することで、当日配送の対象エリア拡大などユーザーの利便性向上を目指す。

両社は2021年1月、神奈川県横浜市にネットスーパー専用の物流センターを立ち上げた。3〜4万アイテムを扱う同施設では、自動化設備の導入によって、マンパワーを中心とした従来の庫内オペレーション体制に比べ約60%の省人化に成功した。関西の新センターでも同等の効果を見込んでいる。

「楽天西友ネットスーパー」事業は、新型コロナウイルス感染拡大に伴うEC需要の高まりが追い風となっている。2020年10〜12月の売り上げは前年同期比39・9%増を記録した。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。