日本郵便 5月の「ゆうパック」は前年同月比29%増

日本郵便の2020年5月の宅配便「ゆうパック」取扱個数は前年同月比29・1%増の9658万個だった。このうち、荷受人から受領印を取らず、郵便受けなどに投函する簡易型サービス「ゆうパケット」の取扱個数は同48・0%増の4961万個となった。両商品ともに、新型コロナによる巣篭もり消費の拡大でネット通販関連商品での利用が大きく伸びたことが寄与した。

一方、はがきや封書などを含む「普通郵便物」は同8・1%減の10億6502万通、国際郵便(通常郵便物、小包、国際スピード郵便)は同68・5%減の103万7000通(個)と大幅に落ち込んだ。企業活動の自粛に伴うビジネス需要の縮小などが響いた。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。