鴻池運輸 愛知県愛西市に飲料向け配送センター

鴻池運輸は6月15日、愛知県愛西市に「愛西配送センター」をオープンした。新センターはサントリーなど飲料メーカー向けの拠点で、ビール、洋酒、食品の保管、配送機能を提供する。

「愛西配送センター」は鴻池運輸にとって愛知県下で3カ所目の拠点となる。施設は延床面積約4500坪の3階建てで、東名阪自動車道の弥富インターチェンジへのアクセスがいい。施設内には、入出荷作業の自動化や省力化を図るため、自動格納ラック「マジックラック」(住友重機械搬送システム製)を導入したほか、今後は太陽光パネルや蓄電池などの設置も予定している。

 鴻池運輸では飲料向け配送センターとして愛知県内で自社拠点のほかに複数の外部倉庫を利用していたが、今回の新拠点稼働で拠点集約化を実現した。国土交通省の「物流総合効率化法に基づく総合効率化計画」に認定された同プロジェクトでは、トラック輸送量削減によるCO2排出量の3割減や、トラックドライバーの待機時間約6割削減を達成する計画だという。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。