CBcloud 日本郵便に宅配業務向け管理システムを提供

CBcloudは5月12日、宅配便向け業務管理システムを日本郵便に提供する、と発表した。日本郵便では2022年3月末までに全国の郵便局500カ所、ドライバー約6000人を対象に同システムを導入する計画で、集荷や配達の作業時間短縮や、業務のデジタル化を推進する。

宅配効率化システム「SmaRyu Post(スマリューポスト)」は、荷積みや配送のルーティング・ナビゲーション、配送ステータスの管理、電子サインなど、ラストワンマイル配送に特化した機能を、スマートフォン経由でドライバーに提供する。トラックの荷台での荷積み位置の指定や、配送先の詳細情報など、熟練ドライバーが持つノウハウを継承・共有できる機能も搭載しており、経験の浅いドライバーでも円滑に業務を遂行できるようになるという。

CBcloudは、オプティマインド社の配送管理システム「Loogia(ルージア)」の機能と連携したシステムを開発し、2019年に日本郵便と実証実験をスタート。作業時間の削減や配送効率の向上に効果があることを確認し、2020年10月までに全国約200カ所の郵便局で「スマリューポスト」の試行導入に踏み切っている。

中古トラックの買取依頼なら、ぜひトラックファイブへお気軽にお問い合わせください!
まずは「トラックの値段だけでも聞いてみたい」といった問合せにも対応いたします。 トラック・バス・重機を高く売るなら査定実績60万台越えのトラックファイブへ!の画像

関連記事一覧