CRE 千葉県松戸市で物流施設を開発

シーアールイー(CRE)は2月1日、千葉県松戸市で物流施設の開発に着手した、と発表した。都心部から約20キロメートル圏内に位置し、大消費地へのアクセスが容易な地理的優位性を活かして物流会社などテナントを誘致する。

新施設「ロジスクエア松戸」は敷地面積7932平方メートル、延べ床面積約1万5654平方メートルの4階建て。2022年春に着工し、2023年春の竣工を予定している。

同市の松飛台工業団地内に開発用地を確保した。計画予定地は東京外環自動車道「松戸インターチェンジ」から7・7キロメートル、「市川北インターチェンジ」から約7キロメートルに位置する。北総鉄道北総線の「松飛台駅」から約900メートルと至近で、徒歩での通勤が可能。施設周辺エリアでは住宅が密集しているため、作業スタッフなどの雇用面でも有利だとしている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。