トラックの架装にはどんな種類がある?それぞれの特徴を解説!

トラックの架装とは

 

・トラックの架装とは?

トラックに架装された装備のことを言います。

トラックは車体とこの架装で構成されて本来のトラックとしての機能を果たします。

 

自走する能力と、架装により発揮する各種作業を行う特殊な能力の二つを分業にして、一つの高機能なトラックを作り上げることは極めて合理的な成り立ちです。

 

・トラックの構造

<シャーシ部分>

『シャーシ』もしくは『車体』と呼ばれ、トラック本体のことを言っております。

キャビン(運転室)、エンジン、トランスミッション、タイヤ・ホイール回り等をさしており、トラックの荷台部分を取り去った骨組み部分を言います。

日本のメーカーでは日野自動車、いすゞ自動車、三菱ふそうトラック・バス、UDトラックスが主たるメーカーです。

 

<架装部分>

トラックのシャーシ以外の部分、トラックの荷台部分を『架装』もしくは『上物(うわもの)』、『ボディ』と言っています。

多くの用途に対応するトラックとして架装するために、多くの架装メーカーが存在します。

 

バンの架装においては日本フルハーフ、北村製作所、パブコ、矢野特殊自動車などがあります。

ダンプの架装には極東開発工業、新明和工業が大きなシェアを占めています。

 

 

・架装付きのトラックは購入できない?

トラックメーカーは基本的に自社では架装を製造・搭載しないため、別途架装メーカーに依頼するスタイル、もしくは中古車などで架装搭載済みのトラックを購入することになります。

 

トラックには非常に多くの用途が求められており各架装メーカーは各社の得意分野を伸ばし独自で研究開発を行い、同業他社との切磋琢磨も行って品質の高い架装を行っています。

 

車体を作るメーカーと架装メーカーは別であっても、長い歴史での互いの技術を良く知り合っているので、購買者にとっては何の不安もなくオーダーをすることが出来ます。

 

トラックの主な架装の種類

 

・平ボディ

トラックと聞いて誰もが最初に思い出すトラックの代表選手の平ボディです。

 

オープンデッキとなっている荷台を側面部と後部のアオリでおおっているだけの構造ですので荷の積込み・積降ろし時にはこのアオリを下すことで完全にフリーな形態で、作業員の手ばかりでなく、フォークリフトやクレーンでの積み降ろしも容易に出来ます。

 

この屋根が無いという平ボディトラックの形状の特質を利用することによって、さまざまな形状の荷やさまざまな大きさの荷を工夫次第で積み込むことが出来ます。

 

 

・バン

アルミバン・パネルバンと呼ばれることもあります。

車体荷室がアルミ素材の箱型になっており、荷物を雨風などから守ることが出来ます。

 

インターネットがもたらした個人購買量の増大、BtoC時代の到来は商品の種類・量を少品種多量時代から多品種少量時代に変えました。

さまざまな形態の商品の輸送の必要性は『アルミバン』の価値は大きく上げています。

 

・ダンプ

建設工事における作業車両の代表選手となるダンプ車は正式には『ダンプトラック』と言います。

油圧ポンプの力を使って荷台を傾けることが出来て、土砂などの流動物の運搬に優れています。

 

このダンプには『深ダンプ』と呼ばれるアオリの深いダンプがあり、かさばるもの(ペットボトルや木材チップ)を大量に運搬出来ます。

 

そして、この大容量の深ダンプでは積載可能重量をオーバーしてしまうため、土砂の積載が禁止されており、『土砂禁ダンプ』とも呼ばれています。

 

・トレーラー

トレーラーと呼ばれるトラックにはキャビン部分が無く、エンジンもありません。

けん引される荷台部分にも車輪がついて貨物車両型のボディを言います。

当然自走することは出来ず、トレーラーを走らせるためにはけん引車となるトラクターが必要となります。

 

トラクターはトレーラーをけん引して目的地まで走り、そこでトレーラーを切り離してそのまま置いてくることが出来る荷積み・荷卸しの時間を省略出来る大きな利点があります。

 

これがトラックであれば当然積載物の荷下ろしの作業があり、そこでの滞在時間が長くなってしまいます。

トレーラーはその時間を省略でき、その時間を走行時間に充てることが出来ます。

 

 

・ウィング

見た目はバンボディと変わらないのですが、鳥の翼のようにボディ左右のウィングを広げ、アオリを降ろせば直接フォークリフトで荷の積み下ろしの作業が可能です。

ウィングを格納すればバンボデータイプのトラックと変わらず、積荷の汚れや濡れを防止し、荷崩れを起こすこともない機能的な荷室です。

 

気密性が高く、積荷を風雨にさらすことが無いので引越し業や各種製品の輸送、精密機器の輸送にも多く活用されています。

 

ただ、装置の重量で最大積載量がその分減ってしまう弱点があります。

 

まとめ

さまざまな架装があり多種のトラックが世の中に存在します。

今後カーボンニュートラルに対応してシャーシは大きく変わります。

動力がエンジンからモーターに移ることは各種架装との相性は良く、AIも今まで以上に架装とは密接になっていくことでしょう。

それに合わせて運送業に携わる私たちの仕事も合わせて変わっていくことでしょう。

 

トラックファイブは『豆知識』で皆様のお役に立つ情報をこれからも提供していきます。

中古トラックの買取依頼なら、ぜひトラックファイブへお気軽にお問い合わせください!
まずは「トラックの値段だけでも聞いてみたい」といった問合せにも対応いたします。 トラック・バス・重機を高く売るなら査定実績60万台越えのトラックファイブへ!の画像

関連記事一覧