クレーン車の処分を徹底解説!必ず買取査定に出しましょう!

クレーン車の今後の需要を考えてみる

 

クレーン車の処分をお考えのあなたを前にして、そのタイミングの是非をここで考えてみたいと思います。

クレーン車の多くは建設工事関連で利用されます。

その建設工事によってクレーン車の需要は左右されると言って間違いないでしょう。

 

日本の人口は減少し始めています。

少し古い資料(平成25年住宅・土地統計調査:総務省)ですが2013年の調査で空家総数は820万戸にも上っています。

マンション新築建設件数には陰りが見え始め、リニューアル、リフォームマンションに工事は移行しつつあります。

 

新型コロナウイルス感染症対策のため、各企業でテレワーク、在宅勤務の形態が定着したことで各企業はオフィスへの考え方を変えて、オフィスの床面積を減らし始めました。

もともと供給過剰のオフィスです。

そんな理由もあって新築オフィスの着工数の大幅の増加は見込めないようです。

 

世の中は落ち着き、大きな公共投資となるインフラ整備は2027年に品川・名古屋間の開業を予定されているリニアモーターカーくらいでしょうか。

大きな雇用や購買を生み出す巨大公共工事は当面の間は予定に無いようです。

 

成熟しきった日本においてゼロからスタートする大きな建設工事は見込めず、右肩上がりの増加とはならず横ばい状態での推移が続いていく状況にあります。

 

日本でクレーン車の出番が飛躍的に期待できるタイミングでは無さそうです。

※【資料】建設投資額の推移と見通し

建設経済モデルによる建設投資の見通し(一般財団法人 建設経済研究所、一般財団法人 経済調査会 経済調査研究所)よりお借りしています。

 

 

クレーン車の種類

 

ここでクレーン車の種類を再確認しておきましょう。

このクレーン車、専門的な用語では『移動式クレーン』と言います。

 

そして、移動式クレーンとは、『荷を動力を用いてつり上げ、これを水平に運搬することを目的とする機械装置で、原動機を内蔵し、かつ、不特定の場所に移動させることができるもの』とされている。と定義されています。

(一般社団法人日本クレーン協会WEBサイトによる)

 

  • トラッククレーン

トラッククレーンは、通常のトラックシャシを補強して上部旋回体(クレーン装置)を架装したもので、走行用運転室とクレーン操作用運転室が設けられている。

クレーン装置の動力伝達方式には油圧式と機械式がある。

油圧式は、原動機(エンジン)により油圧ポンプを駆動し、その油圧によって油圧モータ又は油圧シリンダを作動させてクレーン装置の作動を行うものである。

機械式は、原動機の動力をチェーン、歯車により伝達し、クラッチの接続、切りによってクレーン装置の作動を行うものをいう。

つり上げ荷重が5トン未満の移動式クレーンは、ほとんどが油圧式である。

(一般社団法人日本クレーン協会WEBサイトより挿絵、文章ともお借りしています。)

 

  • 車両積載形トラッククレーン

積載形トラッククレーンは、トラックの荷台と運転室の間などにクレーン装置を搭載し、走行用の原動機(エンジン)から動力を取り出してクレーン装置の作動を行うもので、つり上げ荷重が3トン未満の機種が多い。ジブの形としてはストレートジブと屈曲ジブの2種類がある。

(一般社団法人日本クレーン協会WEBサイトより挿絵、文章ともお借りしています。)

 

  • ホイールクレーン

ホイールクレーンは、専用の台車に上部旋回体を架装したもので、走行輪が四輪式と三輪式(前二輪・後一輪)がある。運転室が一つで、走行とクレーン作動を一つの原動機で行うものである。また、前輪タイヤの外側に鉄輪を装着し、荷をつり上げたとき鉄輪が接地して安定を増す構造のものもある。

(一般社団法人日本クレーン協会WEBサイトより挿絵、文章ともお借りしています。)

 

  • ラフテレーンクレーン

ラフテレーンクレーンは、一つの運転室で走行とクレーン操作が行える自走するクレーンで、移動式クレーンの分類ではホイールクレーンに含まれる。不整地や比較的軟弱な地盤でも走行ができるほか、狭あい地での機動性も優れている。

走行は、複数車軸の操向を状況に応じて2輪操向(前軸又は後軸)、4輪操向、かに操向が自由に選択できる。また、つり荷走行時のつり上げ能力(限定された条件で)が設定されている。

(一般社団法人日本クレーン協会WEBサイトより挿絵、文章ともお借りしています。)

 

 

買取業者をどう選ぶか?

 

売り主様の立場として、一円でも高額にともに汗水をたらして働いて来た相棒のクレーン車を処分したいという希望をお持ちのことと思います。

 

建設工事関連に特化したクレーン車を少しでも良い条件で処分するために、是非とも私たちトラックファイブにお声がけください。

 

私たちは海外に販路を持ち、必要とされる日本の優秀なトラックや建設機器を中古価格という取引きしやすい価格で開発途上国のユーザーたちに利用してもらうための橋渡しを行ってきました。

 

創業20年の実績と培った信用でお客様のクレーン車を少しでも高く買取らせていただきます。

 

 

トラックファイブの出来ること

中古車両60万台以上の査定実積を持つトラックファイブの流れです

 

①まずはお申し込み

WEB・TEL・LINE・FAX・EMAIL、のなかからお客様のご都合で選んでください。

※買取価格の目安となる最短20秒の無料ネット査定が便利です。

 

②相談、お問い合わせ、無料簡単査定をお受けいたします。

社内オペレーションシステムで全国営業所にすぐ連絡して熟練の査定士によって査定を行い結果をお出しします。

 

③出張無料査定実施!

WEB・TEL・LINE・FAX・EMAIL、のなかからお客様のご都合でお申し込みいただければ、全国の拠点に在籍する経験豊富な査定士がお客様のもとへいち早く伺います。

 

全国どこにでも無料で出張査定にお伺いします。

 

そして、ご提示金額にご満足いただけましたら売買契約書を締結いたします。

 

所有権移転までに必要な複雑な書類作成はすべて無料で作成させていただきます。

 

世界は24時間休むことなく動き続けています。

自然災害で大きな被災を被った地域や、悲しくなる事情で止む無く紛争を起こしている地域もあります。

そしてそれらの地域は今後復興のために多額の費用と労力が必要になります。

そこで日本の中古クレーン車は再び活躍するのです。

 

そのためにも是非クレーン車の処分をお考えの際には、トラックファイブにご一報ください!

中古トラックの買取依頼なら、ぜひトラックファイブへお気軽にお問い合わせください!
まずは「トラックの値段だけでも聞いてみたい」といった問合せにも対応いたします。 トラック・バス・重機を高く売るなら査定実績60万台越えのトラックファイブへ!の画像

関連記事一覧