いらないバスの処分方法は?お得に処分するために買取査定に出しましょう!

 

バスの種類は

 

日頃、私たちが何気なく目にする乗合バスがあり、高速バスでの長距離の移動も特に珍しいことではなくなってきました。

 

バスにはその利用のされ方と、バスの形状・大きさから種類分けされています。

 

・使い方によるバスの種類

使い方による種類には、修学旅行や社員旅行などで貸し切って使う「貸切(観光)バス」、観光地・路線・運行時間などが決められた「定期観光バス」、高速道路で運行している「高速バス」、空港とターミナル駅間などで運行する「空港アクセスバス」、通勤・通学などの路線バスなどで使われる「乗合バス」などがあります。

 

・車両の長さや旅客数によるバスの種類

車両の長さや旅客席数による種類には、2階建てですばらしい眺望を誇る大型車の「ダブルデッカー」、中2階から景色がよく見える大型車の「スーパーハイデッカー」、大型一般車よりは車高が高く眺めのよいデラックスカー「大型ハイデッカー」、人数が多く乗れて料金も比較的安い「大型一般車」、一般車より高い車高でデラックスな客席の「中型ハイデッカー」、一般的な中型車の「中型一般車」、一般車より高い車高でデラックスな客席の「小型ハイデッカー」小型ハイデッカー、一般的な小型車で、マイクロバスとも呼ばれる「小型一般車」があります。

*公益社団法人日本バス協会WEBサイト(バス一般のQ&A)より引用しています。

 

さまざまなバスが日常さまざまな場面で利用されています。

そしてそれらのバスはたくさんの乗客を乗せて活躍し、やがて使命を果たしその役目を終える日がやって来ます。

 

いらないバスの処分方法は

 

いろんな理由でこれまで働いてきてくれたバスの処分を考えるタイミングがやって来ます。

この特殊な形状であり特殊な使われ方をするバスは、その処分方法を限られてしまいます。

 

・解体業者への持ち込み

バスの形状が大型であればどこの解体業者でも引き受けることが可能とはならないでしょう。

たいていの解体工場の敷地は限られており、大型バスのような大物の解体にはそれなりの作業場所が必要となるからです。

 

それに見合う解体費用を見積りされて話はそこで中断してしまうでしょう。

 

・ディーラーでの下取り

長く付き合いをして来たディーラーでも次の新車のバスの買い替えの話が無ければなかなかいい顔をして対応はしてくれないでしょう。

期待できるような下取り額が提示されるかは疑問です。

 

安い価格で下取りをしたバスの行き先は、付き合いのある廃車も含めて請け負う買取業者に流れていく可能性もあります。

大手ディーラーの経費も含んだ、大手ディーラーに利益の残る金額で買取業者に流れていくことと思います。

その流れに見合う安い価格でしか下取りはしてもらえないということです。

 

・買取業者への依頼

バスの処分方法は、費用をかけて解体業者へ持ち込んでスクラップ処分して鉄屑としてバスを資源に変えて再利用を進めるか、ディーラーで安い価格で下取りしてもらうかの二択だけではありません。

買取業者に依頼して買い取ってもらう方法もあります。

買取業者はそのままでバスを再び活かす道、もしくはバスの部品の再利用を行うノウハウを持っています。

 

買取専門業者である当TRUCK FIVEは長年の経験に基づく査定結果から誠意のある見積金額を提出いたします。

 

 

買取り業者に査定依頼するメリット

 

ここまでご理解いただいたようにバスを処分させるためにはかかる費用はあっても、永年働いてくれたバスからの売却益は生まれてきません。

現在、バスを含めた自動車の解体は、許可を受けた者しか行えず、リサイクル法にも基づいて部品を仕分けして解体します。

その中には売り物となる鉄屑や再生可能原材料となるものもあります。

多くの解体業者は自社工場を持ち、余計な経費を使わずに利益を生む仕組みを作っています。

 

なのに、解体費用まで支払って、ただ長く乗って来たバスを廃車処分してしまうのは惜しいような気にもなってきます。

 

廃車処分が間違っていると否定はしませんが、最終方法として廃車処分を残しておいてまずは買取業者に査定依頼をしてみましょう。

それからでも廃車処分を行うことが遅いという事にはならないでしょう。

 

 

買取査定に出すのならば(当TRUCK FIVEの査定の流れ)

 

中古車両60万台以上の査定実積を持つTRUCK FIVEの流れです

 

①まずはお申し込み

WEB・TEL・LINE・FAX・EMAIL、のなかからお客様のご都合で選んでください。

※買取価格の目安となる最短20秒の無料ネット査定が便利です。

 

②相談、お問い合わせ、無料簡単査定をお受けいたします。

 

社内オペレーションシステムで全国営業所にすぐ連絡して熟練の査定士によって査定

結果をお出しします。

 

③出張無料査定実施!

WEB・TEL・LINE・FAX・EMAIL、のなかからお客様のご都合でお申し込みいただけ

れば、全国の拠点に在籍する経験豊富な査定士がお客様のもとへいち早く伺います。

全国どこにでも無料で出張査定にお伺いします。

 

そして、ご提示金額にご満足いただけましたら売買契約書を締結いたします。

所有権移転までに必要な複雑な書類作成はすべて無料で作成させていただきます。

 

当TRUCK FIVEの特徴
日本全国スピード対応 全国8つの拠点を持ち、北海道から沖縄までどの地域でも即日対応可能。
即日現金買取も可能 お伺いしたその場で査定金額を提示。即日現金でお支払いします。
正確無比な査定システム ネットワークを駆使した迅速・正確な査定システムを構築。適正評価の買取を実現。
書類無料代行 複雑な書類作成も無料で代行。書類に関するお困りごとにも万全の体制でサポート。

 

・買取業者のチェックポイント、より有利な査定を受けるために

処分前提のバスの買取査定は新車を100%と考えれば、雨風に晒すことなく倉庫内に保管したとしても時間の経過だけの経年劣化によりその価格は安くなるのが当然です。

処分を前提としてきたバスと言えども愛情を持ってそのバスと付き合ってきたことが査定士にも伝わることが理想です。

 

その共に苦労をして来た相棒のバスを少しでも良い査定評価をしてもらい、第二の人生を送らせてやりましょう。

 

・外装でのチェックポイント

車外の第一印象の良し悪しは査定に大きく影響します。

車体の洗浄や足回り、車体底の泥落とし・洗浄は当然のことです。

 

車体の傷やへこみは長く乗っていれば避けられるものではありません。

ただ、再塗装や板金加工処理をしなければならないような大きな傷やへこみがある場合には修理に出さずに査定士にそのまま見せた方がよい場合が多いでしょう。

 

減額の対象となりますがその額より修理費用の方が高くなる可能性もあります。

よく見せようとしてかえって損をしてしまう可能性があるということです。

そのまま査定を受けましょう。

 

足回りはバスのエンジンに次ぐ重要部分です。タイヤ・ホイール・サスペンションなどの劣化や錆、傷やへこみ、汚れがチェックの対象となります。

万が一、改造箇所があれば純正部品に戻してください。

・内装でのチェックポイント

不特定多数のお客様を運ぶバスの車内の汚れは様々です。

ジュース、コーヒーなどの飲料のこぼれたシミ、食べ物のシミもあるでしょう。

可愛い娘を嫁に出すと思い、徹底的に掃除してみてください。

中性洗剤を使って徹底的に拭き掃除をしてください。

 

そして、それらに伴う臭いは嫌われます。

念入りな拭き掃除で多少は軽減されますが、ここはひとつエアコンフィルターを新調し、キャビン内の空気を良くして大きな減額査定を防ぎましょう。

 

取扱説明書など各種書類、各バスメーカーが用意した取扱説明書も忘れず用意しましょう。

 

 

2050年を目標とするカーボンニュートラルを目指して、公共交通機関としては一度に多くの人を運ぶことが出来るバス、しかもCO2の排出量が少ない輸送手段であるバスの利用促進は重要になり、計画的にハイブリッドバス、燃料電池バス、電気バスの導入がなされていきます。

 

この先内燃機関エンジン利用のバスが日本では使用出来なくなるタイミングまでにバスの処分を考えなければならなくなるでしょう。

世界の地域によってはまだ内燃機関エンジン利用のバスが十分利用出来て、中古の安く、性能の良い日本のバスに頼りたい国もあるのです。

それは大きな目で見ればSDGsの考えにもある『限りある資源を大切に』にもつながっていくのです。

 

バスの処分をお考えになるなか、まずは私たちTRUCK FIVEへご一報いただきたく思います。

中古トラックの買取依頼なら、ぜひトラックファイブへお気軽にお問い合わせください!
まずは「トラックの値段だけでも聞いてみたい」といった問合せにも対応いたします。 トラック・バス・重機を高く売るなら査定実績60万台越えのトラックファイブへ!の画像

関連記事一覧