ハマキョウレックス 宅配便事業で新会社を設立

ハマキョウレックスは11月16日、宅配便事業に新規参入する、と発表した。12月に子会社を設立し、通販商品の配送やフードデリバリー、ネットスーパー配送といったサービスを提供する。新型コロナに伴う「巣篭もり消費」の拡大で成長の続くラストワンマイル物流の市場を掘り起こし、グループとしての新たな収益源の確保を目指す。

新会社「HMK Nexus」の資本金は2000万円(予定)。ハマキョウレックスが75%、近物レックス(ハマキョウレックスグループ)が20%、シティーライン(同)が5%を出資する。

路線便事業を展開する近物レックスのターミナル拠点やグループ各社の輸配送網、ドライバー人材などを活用し、宅配便ネットワークを整備する。サービス提供の対象エリアなどは今後詰める。

個人宅への商品配送のほか、コールセンターの運営代行など宅配便の付帯サービスも手掛けていく。新会社は貨物自動車利用運送事業者として機能し、輸配送などの実務部分はグループ各社や協力会社にアウトソーシングする体制を構築する模様だ。

ハマキョウレックスは物流センター運営を軸にした3PLサービスを主力事業としている。アパレル、食品、医療機器、雑貨などを扱う既存顧客からのニーズを受けて、宅配便事業に参入することを決めた。

中古トラックの買取依頼なら、ぜひトラックファイブへお気軽にお問い合わせください!
まずは「トラックの値段だけでも聞いてみたい」といった問合せにも対応いたします。 トラック・バス・重機を高く売るなら査定実績60万台越えのトラックファイブへ!の画像

関連記事一覧