東急不動産 埼玉県狭山市と京都府久御山町に大型物流施設

東急不動産は8月11日、埼玉県狭山市と京都府久世郡久御山町にそれぞれ物流拠点を建設する、と発表した。新施設「LOGI’Q日高狭山」は2022年2月末に、「LOGI’Q京都久御山」は2021年6月末にオープン予定となっている。

「LOGI’Q日高狭山」は敷地面積約1万6000坪、延べ床面積約3万4000坪の4階建て。同社がこれまで開発してきた物流施設の中で最大規模となる。圏央道「狭山日高インターチェンジ」から約0・3キロメートル、国道407号線から約0・2キロメートルに位置する。大手物流会社向けのBTS型拠点として運用される見通しだ。

「LOGI’Q京都久御山」は敷地面積約3700坪、延べ床面積約8000坪の4階建て。京滋バイパス「久御山インターチェンジ」に約1・6キロメートルで、第二京阪道路「久御山南インターチェンジ」に約1・8キロメートルでアクセスできるほか、365日24時間体制で操業できるエリア(工業専用地域)内に立地する。複数テナントへの賃借または特定企業向け専用センターとしての1棟貸しを見込んでいる。

「LOGI’Q日高狭山」

出典)同社ホームページ

 

 

「LOGI’Q京都久御山」

出典)同社ホームページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。