三菱地所 大阪府交野市に冷凍・冷蔵機能を持つ物流施設

三菱地所は11月15日、大阪府交野市で物流施設を着工した、と発表した。冷凍・冷蔵・常温の3温度帯に対応できる施設で、2022年11月の竣工を予定している。

新施設「ロジクロス大阪交野」は敷地面積約1万200平方メートル、延べ床面積約2万800平方メートルの4階建て。BTS型の物流拠点で、竣工後には荒木運輸に一棟貸しすることが決定している。

開発地の交野市は、京都府と大阪府のほぼ中央に位置し、近年は土地区画整理事業などを通じて物流関連企業の進出が相次ぐ。「ロジクロス大阪交野」は、第二京阪道路の「交野南インターチェンジ」および「寝屋川インターチェンジ」から約1キロメートルでアクセスできるため、関西エリアの主要都市をカバーする配送拠点としての活用に適しているとしている。

関西エリアに限らず、日本国内の冷凍・冷蔵倉庫は設備の老朽化やフロンガス規制の強化などを背景に、既存施設の建て替え需要が高まっている。三菱地所では今後も国内での冷凍・冷蔵倉庫の開発に力を注いでいく方針だという。

「ロジクロス大阪交野」の完成予定図

出典)三菱地所ホームページ

中古トラックの買取依頼なら、ぜひトラックファイブへお気軽にお問い合わせください!
まずは「トラックの値段だけでも聞いてみたい」といった問合せにも対応いたします。 トラック・バス・重機を高く売るなら査定実績60万台越えのトラックファイブへ!の画像

関連記事一覧